平成29年に当たって年頭のご挨拶

CDA会員の皆様並びに法人会員の皆様、新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申します。

昨年4月から前任の宇賀理事長からのバトンタッチを受けて理事長職を拝命いたしました森本です。中部デザイン協会は、1昨年12月に創立65周年を迎えて記念講演会と記念展覧会を正会員並びに法人会員の皆様のご尽力により盛会に展開することが出来ました。

昨年度は、役員改選期にあたり7名の方々が新しく理事になり、新たな視点からCDAの事業を企画、展開していただいております。デザインを取り巻く環境も厳しくデザイナー団体の会員数が減少していく中、CDAは、正副会長、参与、理事各位のご尽力と新企画の事業展開により年々漸増しています。これも次代を見据えた魅力ある講師によるデザイン講演会やフォーラム、企業訪問見学会、デザインワークショップ、デザイン交流会を展開するとともに、中部デザイン団体協議会(CCDO)との連携事業の推進など、多くの会員の方々が参加しやすい事業企画が、入会の魅力となっているのではないかと思われます。

昨年、世界各国で新たなリーダーや個性的なリーダーが台頭し、これまでの価値観が大きく変わろうとしています。このことは、日本の政治・経済・産業など社会全般に影響と、さまざまな変革をもたらすことが予測されます。こうした動向は、デザイン界においても少なからず影響を与え、新たなデザインのパラダイムシフトの構築が求められてくるものと思われます。地域社会に密着し、その存在感を発揮し活動しているCDAにおいても、新たな役割を模索し、期待に応えるCDAのあり方が求められてくるものと思慮されます。

これからも会員の皆様にとって、参加してよかった、新たなデザインの発見につながったといった事業の推進に向けて貢献できればと思っています。

新しい年を迎え、70周年、80周年と次世代につながるCDAを目指し、新たな気持ちで努力していく所存です。宜しくお願いいたします。

2017年1月1日

中部デザイン協会理事長  森本 健

 

CDA理事長のつれづれ

大島 誠

中部デザイン協会に所属して2年が経とうとしています。
中部地区で活動されている多くのデザイナーの方々にお会いする機会を得、また美術館、ギャラリーでの作品展示を通して見事な作品に出会うことができ、創作者の思いにも触れられます。長年企業デザイナーとしてやってきましたが、現在ではさらに幅広い情報、知見が必要で、中部デザイン協会に所属させていただいて大変有難いと感じております。本年実施されました幾つかの協会イベントに参加し多くの刺激を受ける事ができました。

(1)駒ヶ根研修

10月の研修で駒ヶ根のトヨセット株式会社の駒ヶ根工場を訪問。オフィスファニチャーの展示室では会社として歩まれた歴史、これまでの生産品から、企画、プロトタイプ品までが詳細に展示されていました。また工場では省人化され整頓されたラインを見学する事ができました。美しい自然に抱かれた駒ヶ根の環境から生産現場は一変して未来的で自動化が進み、裁断から曲げ、溶接まで全て機械で精度よく作られていました。また清潔で整頓された工場内が深く印象に残りました。(写真1,2)
対照的だったのは恵那紬の久保田染色工業株式会社です。現在も地元の繭を取り寄せ、糸を紡いで、糸染めから製織まで一貫生産で生み出される絹織物の伝統工芸品の工程は他では見られない貴重なものでした。骨董品のような紡績機械が綺麗にメンテナンスされ現役で活躍(写真3,4)、手織り織機を駆使し美しい絹織物が作られていました。ポリエステルを原料とする自動車ファブリック生産工程から考えますとこちらが先輩にあたるものですが、天然繊維の暖かい質感と、草木から採取した染料による染付で(写真5)全ての生産工程がすべてエコロジーに繋がり地球と人に優しい先端技術です。織りあがった反物は、その知恵と手仕事が相まって美しい結晶のような出来栄えでした。(写真6)


(2)中部デザイン協会の特色

中部デザイン協会の活動の特色の一つとして、愛知県のデザイン振興施策と一体となった形ですすめられてきたことがあげられます。名古屋は平成元年に開催された世界デザイン会議、平成7年の世界インテリアデザイン会議、平成15年の世界グラフィックデザイン会議という3大デザイン会議を開催した都市として知られています。産業界の活動、絶え間の無い先端技術開発と同時にデザイン分野は続々とアウトプットを続けています。
もう一つの中部デザイン協会の特色は、正会員がプロダクト、インテリア、グラフィック、クラフト、テキスタイルなどの多種多様な分野のデザイン関係者、デザイナーによって構成されていることです。

(3)第6回国際ユニヴァーサルデザイン会議イン名古屋2016

その中部地区で12月に国際ユニヴァーサルデザイン会議が開催されました。この国際会議は2年毎に日本各地で開催され、名古屋での開催は初めてとなります。愛知県、名古屋市の開催要請とバックアップを頂き、地元始め様々な企業から大きなサポートを得て開催する運びとなりました。
ご存知のようにユニヴァーサルデザインは街作り、建築、交通運輸、工業製品、室内デザイン、サイン・広告などグラフィックデザイン、サーヴィス、安全、安心など災害への備え等生活の全ての領域において重要なデザインの基本的考え方であり、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックは、日本のおもてなしとユニヴァーサルザインの実践が更に進んでいることを世界へ発信できる機会でもあります。今回の国際会議では世界30カ国から参加者が集まりました。
大学のデザイン教育の中でユニヴァーサルデザインは、重要と捉え、座学とともに学部連携での実習、また産学官協働のプロジェクトテーマとして、実践し地域連携によってユニヴァーサルデザインのプロトタイプ開発を展開しています。(写真7,8,9)そしてこの国際会議の場を活用し大学ブースでの展示を行いました。(写真12)
それぞれの開発プロジェクトにおいて学生達が地域市民の方々と一緒にフィールドサーベイを行い、切実な課題を実感し問題点を抽出、アイデア創出段階も共に意見交換をしながら進め、スタディーモデル、試作品を現地に持ち込み、ユーザビリテイー調査を行って(写真10)効果の測定を行いました。また学生によるヴィデオ撮影を行い結果のDVD編集を実施しました(写真11)。開発に携わった学生自らが展示場でプレゼンテーション(写真13,14)海外からの訪問者への説明で国際感覚を磨く(写真15)、同時展示を行なった企業の開発者やデザイナーとの交流により多くの事が学べたと思います。この機会に中部デザイン協会からも多くの会員の方々にブース訪問頂き感謝いたします。有難うございました。
名古屋学芸大学 メディア造形学部 デザイン学科

 

美術館・ギャラリー情報の内容は保障できかねますので、お出かけの際は、展示期間・内容を各施設にご確認ください。

CDA法人会員
セントラル・
アートギャラリー
052-951-8998
1/10〜1/15 Paper Quiltテツ山下作品展
  1/17〜1/29 GRAPHIC EXHIBITION JAM
  1/31〜2/5 中部クリエーターズクラブ展
  2/7〜2/12 河村暢夫作品展
  2/14〜2/19 愛知淑徳大学 大久保義男とゼミ生展
  2/21〜2/26 新世紀展
美術館等 [ 愛知県 ]
名都美術館
0561-62-8884
CDA会員特典有
1/14〜3/12 特別展 愛知県立芸術大学開校50周年記念 日本画専攻の半世紀 −歴代指導者 珠玉の作品でたどるー
古川美術館
763-1991
CDA会員特典有
1/2〜3/5 平成28年度古川美術館新春企画展「名山巡礼」
分館爲三郎記念館 新規収蔵記念展「BOKUFUの書〜長谷川牧風と金子?亭を中心に」
  3/18〜 古川美術館:田村能里子展(仮称)
分館爲三郎記念館:季節のしつらえ
清州市はるひ美術館
0561-62-8884
CDA会員特典有
12/20〜 1/13 【企画展】アーティストシリーズVol.81 平野えり展
  1/17〜 2/4 【企画展】アーティストシリーズVol.82 原 勉 展
  2/8〜 2/26 【企画展】アーティストシリーズVol.83 北藪 和 展
杉本美術館
0569-88-5171
CDA会員特典有
1/2〜4/18 「まちと人びと」
愛知県美術館
971-5511
1/3〜3/20 ゴッホとゴーギャン展
名古屋市美術館
212-0001
1/14〜2/26 特別展 永青文庫 日本画の名品
  3/7〜4/16 アドルフ・ヴェルフリ
名古屋市博物館
853-2655
2/11〜3/26 企画展 採録 名古屋の衣生活 〜伝えたい記憶 残したい心〜
名古屋ボストン美術館
684-0101
1/14〜2/26 MOA美術館所蔵 ??田博 木版画展 抒情の風景
  3/16〜5/14 三菱東京UFJ銀行貨幣資料館所蔵 歌川広重 東海道五拾三次展
徳川美術館
935-6262
1/4〜2/5 企画展 美しきかな
  2/10〜4/9 企画展 全点一挙初公開 日本最大の婚礼調度 ―さちぎみさまのお嫁入り―
岡崎市美術博物館
0564-28-5000
12/3〜1/22 藤井コレクション 長谷川?二郎展 静謐なる宇宙-知られざる素顔
  2/1〜3/26 収蔵品展 暮らしのうつりかわり
豊田市美術館
0565-34-6610
1/14〜4/2 常設特別展 切断してみる。−二人の耕平
  1/14〜4/2 常設特別展 浅野弥衛
豊田市民芸館
0565-45-4039
12/13〜5/28 企画展 平戸橋の陶芸家 河村喜太郎・又次郎・喜平 三代展』
刈谷市美術館
0566-23-1636
1/11〜1/15 新春特別展示 戸田提山展
  1/18〜2/19 常設展第3期 絵画を愉しむ:Part1 静物画のこころ
  2/22〜4/9 常設展第4期 絵画を愉しむ:Part2 表現のひみつ
メナード美術館
0568-75-5787
10/1〜1/29 メナード美術館コレクション名作展ーとっておきの名画と出会う
  1/30〜4/26 改修工事による休館
国際デザインセンター
4Fデザインギャラリー
4Fデザインミュージアム
265-2106
2/9〜2/11 名古屋学芸大学メディア造形学部デザイン学科 なごやVISION展2017
  2/22〜2/27 大同大学 × 4 DESIGN専攻リレー展 建築専攻・インテリアデザイン専攻卒業選抜展
松坂屋美術館
264−3611
1/2〜2/20 ユトリロ回顧展
  2/25〜3/5 第61回 現代書道二十人展
碧南市
藤井達吉現代美術館

0566-48-6602
1/9〜3/6 歴史系企画展 碧南の医人展−医聖徳本・近藤坦平一族を中心に−
  3/14〜3/26 第5回碧南市民アンデパンダン展
高浜市やきものの里
かわら美術館

0566-52-3366
1/4〜2/5 新春企画展 景色めぐり
  2/18〜4/9 企画展 撮る人
大一美術館
 413-6777
12/6〜4/9 現代ガラスの表現展 vol.3
  11/1〜4/9 魅惑の煌めき「アール・デコ ガラス世界展」
桑山美術館
 052-763-5188
1/7〜2/5 新春展 愛知ゆかりの絵画と工芸 〜藤井達吉を中心に〜
美術館等 [ 岐阜県 ]
岐阜県美術館
058-271-1313
1/12〜2/26 つながる ひろがる はんが のみりょく 岐阜の版画
  4/19〜4/16 没後100周年記念 オディロン・ルドン展
岐阜県現代陶芸美術館
0572-28-3100
12/23〜4/9 「図変わり」大皿の世界  伊万里染付の美
  1/5〜4/16 明治やきもの街道  岐阜県博物館協会50周年事業 街道〜下街道と名古屋絵付  美濃焼ヒストリ  近代陶芸の気韻
美術館等 [ 三重県 ]
三重県立美術館
0592-27-2100
1/24〜4/9 再発見!ニッポンの立体
美術館等 [ 新潟県 ]
新潟県立近代美術館
0258-28-4111
12/13〜1/15 良寛と巻菱湖 越後が生んだ幕末の二人の書人
  12/8〜3/20

2016年度 第4期

美術館等 [ 長野県 ]
長野県信濃美術館
東山魁夷館

026-232-0052
12/17〜1/3

コレクション展 南信生まれで同い年 近代日本画の旧派・池上秀畝VS新派・菱田春草

  1/28〜2/19

コレクション展 美術館でおしゃべりしよっ!2016 ─絵をみて話そう みんなで話そう─

北澤美術館
0266-58-6000
6/30〜3/31 北澤美術館企画展 ガレの花園