CDA理事長のつれづれ

名刺やカードを有効に使えているか。

藤本修司

先日、「気づき」をテーマとした講演で、名刺を制作するうえでの、デザイナーとして気をつけている事を中心に話をした。改めてまとめることで、私なりに新しい気づきもあったため、名刺に焦点を当てて少しご紹介をしようと思う。

グラフィックデザインの仕事で、名刺制作を依頼される事がある。
名刺の意味と使い方を普段あまり意識していない依頼者の場合は、単に名刺が足りなくなったから、あるいは肩書きが変わった、新しいデザインに変えたい、などの理由が多い。正直、どこに頼んでも良いが、気軽に頼めそうな所に頼んでいるようだ。こういった依頼を私は、名刺をID の一つ、連絡先の提示として考えており、さらに若干のカッコよさ(デザインの付加)を求めている依頼だと解釈している。制作は、見本を踏襲したうえで、カラーリングの変更などで対応し、少し良い方向に変わったという変化を楽しんでもらうことにしている。

しかし開業や新規オープンなどでの新しく作る場合、かつ、依頼者がノープランの場合は大変だ。
名刺見本を見せながら、サイズや雰囲気を感じてもらいながら様々な質問をする。
・どんな人に渡す事が多いですか?
・どういうシチュエーション(場所)で渡す事が多いですか?
・どんな仕事をさせたいですか?
・どういう事で注意をひきまたいですか?
それぞれの項目に、さらに細かく質問をしていく。出来上がった名刺を小さな小さな広告として使ってもらい、名刺に働いてもらう仕掛けを施したいと考えているためだ。
ヒアリングは、書体やサイズの決定、全体的なデザインの決定の近道となる。昨今は、電話、名前だけではなく、携帯番号・メール・WEBページURL、SNS 情報など、多くの情報を入れる必要があるのでスペースが限られるので大変だ。

簡単にまとめると、
[カッコいい名刺]
・名前と文体が一致している ・人物が思い出される ・ブランドが伝わる など

[カッコ悪い名刺]
・情報量が多すぎる ・自己主張が激しい ・流行遅れのデザイン など

特に依頼者の人となりを良く知る場合は、名前の書体とサイズ、文字間などのバランスにこだわる。
例えば、私「藤本修司」の場合は、「本」が下膨れに見えないように少し持ち上げたり、「司」が口をあんぐり開けたように見えないように気持ち小さくする。本の装丁でタイトル文字にこだわる事に近い。それよりもさらに、ごくごく小さい文字の、その印象を気にして制作する。 紙の種類や厚みはもちろんだが、最終的にはインクの乗り、紙の目まで気にしていると、もはやノイローゼ状態になってくる。

小さい小さい1 枚の紙だが、初対面同士での交換用のアイテムであり、ほんのささいな印象の違いで今後の付き合いが大きく変わる事があるため、(求められれば)徹底的にこだわることが必然となる。そして、「いいデザインの名刺が欲しい」要求にできるだけ応えていきたい。また制作者としては、送り出した名刺が上手に活躍してくれる事を願っている。
依頼者、名刺を使う人は、渡し方や姿勢、服装、名刺入れにこだわり、さらには「笑顔」で渡す事で、名刺の効果を最大限に活かしていただきたいと思う。

●講演は動画で公開されています。ご興味がありましたらぜひご覧ください。
 http://ubnjapan.com/professional/archives/64

○ 中部デザイン協会では、会員の皆さんの作品展・展示会など、商用・個人を問わず、「会員からのお知らせ」に掲載します。ぜひご活用ください。
右記アドレス宛てにお送りください。

美術館・ギャラリー情報の内容は保障できかねますので、お出かけの際は、展示期間・内容を各施設にご確認ください。

CDA関連・会員参加
CDA会員作品展 9/1〜9/7

ドールと古布小物&小箱 秋の三人展ギャラリー安里

CDA会員作品展 9/2〜9/5

長谷川昌之 個展「第3回 拝啓、あいちトリエンナーレ監督 地元彫金作家もがんばってます 敬具」展 覚王山ギャラリーSObo

CDA法人会員
セントラル・
アートギャラリー
052-951-8998
8/30〜9/4 第10回現代童画会中部地区展
  9/6〜9/11 第7回サムホール絵画展
  9/13〜9/18 造形大展
  9/20〜9/25 S&Sデザイン展
  9/21〜10/2 林亮太作品展
  10/4〜10/9 岩村和信作品展
  10/11〜10/16 中田先生教室展
  10/18〜10/23 金沢美大展
  10/25〜10/30 山口力靖作品展
美術館等 [ 愛知県 ]
名都美術館
0561-62-8884
CDA会員特典有
8/23〜9/25 名都美術館コレクション 自然賛歌-時のうつろい-
  10/14〜12/11 特別展 小倉遊亀 −明るく、暖かく、楽しいもの−
古川美術館
763-1991
CDA会員特典有
8/20〜10/10 古川美術館:古川美術館開館25周年記念展「加藤金一郎と丹羽和子〜絵は人生」
分館爲三郎記念館:愛知県立芸術大学創立50周年関連事業 爲三郎記念館特別展「磯田皓と12人の作家たち」
  10/29〜12/18 古川美術館:古川美術館開館25周年企画展「名品コレクション?美人画」(仮称)
分館爲三郎記念館:特別展「瀬戸陶芸協会設立80周年記念 瀬戸の陶華」(仮称)
清州市はるひ美術館
0561-62-8884
CDA会員特典有
6/25〜9/25 【特別展】アルフォンス・ミュシャ デザインの仕事
  10/4〜 12/11 【企画展】榊原澄人展
杉本美術館
0569-88-5171
CDA会員特典有
4/21〜9/20 動物のいる風景展
愛知県美術館
971-5511
8/11〜10/23 あいちトリエンナーレ2016 虹のキャラヴァンサライ 創造する人間の旅
  11/18〜12/18 コレクション企画 日本で洋画、どこまで洋画?―高橋由一から現代画家まで―
名古屋市美術館
212-0001
8/11〜10/23 あいちトリエンナーレ2016 虹のキャラヴァンサライ 創造する人間の旅
  11/3〜12/18 アルバレス・ブラボ写真展 −メキシコ、静かなる光と時
名古屋市博物館
853-2655
7/23〜9/25 特別展 日伊国交樹立150周年記念 世界遺産 ポンペイの壁画展
  10/15〜11/27 開祖瑩山紹瑾禅師700回 二祖峨山韶碩禅師650回 遠忌記念 特別展 禅の心とかたち 總持寺の至宝
名古屋ボストン美術館
684-0101
9/10〜12/11 ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞
  1/14〜2/26 MOA美術館所蔵 ??田博 木版画展 抒情の風景
徳川美術館
935-6262
7/14〜9/11 夏季特別展 信長・秀吉・家康 −それぞれの天下取り−
  9/15〜11/6 特別展 ザ・ベスト@トクガワ
岡崎市美術博物館
0564-28-5000
9/3〜9/18 第69回岡崎美術展
  10/1〜11/27 ブリューゲルとバロックの巨匠-ル-ベンス、レンブラント、ベラスケス、光と影の天才たち
豊田市美術館
0565-34-6610
7/15〜9/25 ジブリの立体建造物展
杉戸洋−こっぱとあまつぶ
  10/15〜12/25 蜘蛛の糸
豊田市民芸館
0565-45-4039
6/7〜9/25 企画展 動物文様の民芸
  10/4〜12/4 『生誕120年記念芹沢_介』(日本民藝館巡回展)
刈谷市美術館
0566-23-1636
7/23〜9/4 没後10年 長新太の脳内地図展
  9/17〜11/6 しりあがり寿の現代美術 回・転・展
  11/11〜12/11 常設展第2期 館蔵名品展 近・現代美術から絵本原画まで
メナード美術館
0568-75-5787
7/16〜9/19 所蔵企画展 ステキな旅−美術で世界を旅しよう!−
  10/1〜1/29 メナード美術館コレクション名作展ーとっておきの名画と出会う
国際デザインセンター
4Fデザインギャラリー
4Fデザインミュージアム
265-2106
9/21〜9/26 「手づくり針穴写真機とその写真展」vol.13
  9/30〜10/2 The Chairs ver.14「旅」 The Chairs 20th Anniversary
  10/19〜10/24 デザインレビューin東海
  11/9〜11/14 第29回公募2016日本ジュエリー展
松坂屋美術館
264−3611
7/16〜9/4 生誕80周年記念 藤子・F・不二雄展
  9/11〜10/16 ポール・スミス展 HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH
碧南市
藤井達吉現代美術館

0566-48-6602
8/20〜10/2 鬼才−河鍋暁斎展 幕末と明治を生きた絵師
  10/15〜12/4 山本富章展−創造の原点から色斑空間へ−
  1/9〜3/6 歴史系企画展 碧南の医人展−医聖徳本・近藤坦平一族を中心に−
高浜市やきものの里
かわら美術館

0566-52-3366
7/16〜9/4 PLAY vol.1 表現における遊戯性
  9/17〜10/30 企画展 たかはまのたからもの
  11/5〜12/25 特別展 デビュー30周年記念 さくらももこの世界展
大一美術館
 413-6777
4/19〜10/30 陶芸家としてのエミール・ガレ展
  8/9〜12/4 現代ガラスの表現展 vol.2
桑山美術館
 052-763-5188
9/7〜12/4 所蔵茶道具展  茶の湯の風流 〜枯淡と風雅〜
  1/7〜2/5 新春展 愛知ゆかりの絵画と工芸 〜藤井達吉を中心に〜
美術館等 [ 岐阜県 ]
岐阜県美術館
058-271-1313
7/16〜9/25 アートまるケット 日比野克彦ディレクション「ながれミながら」
  8/30〜10/16 フランスの風景 樹をめぐる物語 〜コローからモネ、ピサロ、マティスまで
  10/22〜12/11 知られざるプライベートコレクション ジャパン・ビューティー ―描かれた日本美人―
岐阜県現代陶芸美術館
0572-28-3100
7/23〜9/4 土の冒険のぼうけん MAGICAL MIRACLE CERAMIC
  9/3〜12/18 blanc et blanche ふりそそぐ白の世界 〜岐阜県美術館+現代陶芸美術館コレクション展〜
  9/17〜12/11 人間国宝 石黒宗麿のすべて 20年ぶりの大回顧展
美術館等 [ 三重県 ]
三重県立美術館
0592-27-2100
7/9〜9/25 丸沼芸術の森所蔵 ベン・シャーン展
丸沼芸術の森の作家たち展
  10/8〜12/11 石垣定哉展
美術館等 [ 新潟県 ]
新潟県立近代美術館
0258-28-4111
9/10〜11/27 ボストン美術館 ヴェネツィア展 魅惑の都市の500年
美術館等 [ 長野県 ]
長野県信濃美術館
東山魁夷館

026-232-0052
9/16〜10/16 平木コレクション 生誕220年 歌川広重の世界 東海道五十三次と江戸の四季
  10/27〜12/11 企画展 西洋民藝の粋−生活を彩る道具たちー村田コレクションから
北澤美術館
0266-58-6000
12/2〜10/2 特別展 「秘められたるガラス技法、パート・ド・ヴェール展」
  6/30〜3/31 北澤美術館企画展 ガレの花園
  4/23〜10/31 ―日本画の巨匠― 文化勲章受章作家展