CDA理事長のつれづれ

地方の祭りと子供歌舞伎

丸井 とも子

春の訪れを待ちかねたように、日本の各地では様々な祭り行事が開催されます。古くは数百年から千年にまでさかのぼり、その地域の人々が守り継いで五穀豊穣や疫病平癒を神に願い、また神に感謝を込めた思いが祭りというかたちで受け継がれて来ています。
新しい都市型の「まつり」イベントとしての性格が強くなりがちですが、それはそれとして、やはり長い年月歴史と文化に育まれて来た地方の祭りには、格別の趣と醍醐味があります。
特に「祭り」と「子供」との関わりは、昔の人々がいかに地域ぐるみで子供を大切にして来たかを感じさせられるものが多く、個人的には子供が演じる祭りに出合い感動したことがきっかけで、季節が来るとそうした祭りを楽しみに足を運ぶようになりました。
今回は、子供歌舞伎で有名な「長浜曳山祭り」を中心に、近いところでは郡上八幡の「春祭り」をご紹介いたします。
数年前長浜へ遅咲きの桜を観に訪れた際、たまたま長浜の商店街で子供歌舞伎の曳山に出合い、その見事な造りの曳山と、年端も行かない少年達が力一杯演じる姿にすっかり心を奪われ、それ以来子供歌舞伎の「追っかけ」になってしまいました。

毎年4月に行なわれる「長浜曳山祭り」は秀吉の時代にまでさかのぼり400年程の歴史があるそうです。
長浜八幡社を中心に1週間に渡って様々な奉納行事が行われ、その形態は京都の祇園祭りの流れを汲むとも言われる壮大なものです。



各町内の曳山は全部で13基現存しており、毎年そのうちの4基が祭りの舞台をつとめます。
四畳半の広さの曳山舞台を中心に2階には楼閣が設けられ、そこにはシャギリと呼ばれるお囃子が入り演奏をします。
また、舞台周りの欄干や格天井などに施された意匠装飾には目を見張るものがあり、まさに手の届く距離で見られるのも圧巻です。



長浜では歌舞伎を「狂言」と呼び、各町内で選ばれた5歳から12歳くらいまでの男の子によって、本格的な歌舞伎の演目が約40分間演じられます。稽古は3月下旬から4月の祭りまで約3週間に渡りますが、それだけの期間の練習であれだけの台詞と演技が出来るものだろうかと、驚かされる程見事なものです。






子供歌舞伎だけでなく、祭りを支える町衆の装束にも見事な意匠と趣があります。



子供歌舞伎ではありませんが、岐阜県の郡上八幡にも子供が主役となる春の祭りがあります。
こちらは八幡町の八幡神社、日吉神社、岸剣神社三社の春の祭礼として、毎年4月中旬に大神楽の奉納が行なわれます。
こちらの祭りも400年程前に当時の城主によって京都からこの地に伝えられたと言われており、唐子と呼ばれる舞いを演じる少年達の他、巫女の衣装を着た少女達や華やかな被り物を付けた鼓役の少年達、またここでは猿田彦、おかめ、市兵衛、獅子回し等の大人の一行も加わって町内を順に練り歩きます。
中でも作法にのっとって美しい所作で、真剣に舞う唐子たちの姿は実にけなげで感動させられます。





長浜でもここでも、周りには常に祭りを担う沢山の大人たちが付き添い、主役である子供たちを大切に支えます。
画像は、迫力のある獅子舞いと強力(ごうりき)と呼ばれる男衆たちに背負われて次の会場に移動する少年たちです。



この時もたまたま八幡町を訪れていての偶然の出合いだったのですが、旧庁舎前の広場では大勢の人々が大神楽一行の登場を待ちわびておりました。
地域の人々が一つになって祭りを支え、また次の世代に繋ぐ。都市に住む我々にとっては実に羨ましくもあり、これからも続いて行って欲しいと深く願うものです。

 

○ 中部デザイン協会では、会員の皆さんの作品展・展示会など、商用・個人を問わず、「会員からのお知らせ」に掲載します。ぜひご活用ください。
右記アドレス宛てにお送りください。

美術館・ギャラリー情報の内容は保障できかねますので、お出かけの際は、展示期間・内容を各施設にご確認ください。

CDA法人会員
セントラル・
アートギャラリー
052-951-8998
2/2〜2/7 大久保義男とゼミ生展
  2/9〜2/14 河村暢夫作品展
  2/2〜2/7 大久保義男とゼミ生展
  2/9〜2/14 河村暢夫作品展
  2/16〜2/21 水谷イズル展
  2/23〜2/28 2016 新制作選抜展(中部)
  3/1〜3/6 大同大学展
  3/8〜3/13 永都先生教室展
  3/15〜3/20 柳瀬雅夫グループ展
  3/22〜3/27 田中グループ展
  3/29〜4/3 青江健二水彩画展
美術館等 [ 愛知県 ]
名都美術館
0561-62-8884
CDA会員特典有
1/16〜3/13 特別展 生誕110年記念 布で描いたアプリケ芸術 宮脇綾子の世界展
  4/1〜5/29 高島屋史料館所蔵 日本美術と高島屋〜交流が育てた秘蔵コレクション〜
杉本美術館
0569-88-5171
CDA会員特典有
1/2〜4/19 静物展
愛知県美術館
971-5511
1/3〜3/21 ピカソ、天才の秘密
  4/1〜5/29 黄金伝説展 〜燦然と輝く遺宝 最高峰の文明展
名古屋市美術館
212-0001
1/5〜2/21 ポジション2016 アートとクラフトの蜜月
  3/5〜4/17 東京藝術大学コレクション 麗しきおもかげ 日本近代美術の女性像
名古屋市博物館
853-2655
12/12〜2/14 名古屋めしのもと
  2/27〜3/27 陸前高田のたからもの
名古屋ボストン美術館
684-0101
9/19〜2/21 ボストン美術館 ヴェネツィア展 魅惑の都市の500年
  3/19〜8/21 近代ヨーロッパの光と影 ルノワールの時代
古川美術館
763-1991
1/2〜3/6 古川美術館 平成27年度 古川美術館新春企画展「長寿の画家たち〜萬歳芸術〜」
爲三郎記念館 愛知県立芸術大学 五十周年関連事業 「照らす光と照らされるもの〜柴崎幸次の灯りの世界〜」
徳川美術館
935-6262
2/11〜4/10 特別展 尾張徳川家の雛まつり
  4/16〜5/29 春季特別展 ぶらり浮世絵散歩 ?平木名品コレクション?
岡崎市美術博物館
0564-28-5000
〜3/31

休館 平成27年4月1日から平成28年3月31日まで

豊田市美術館
0565-34-6610
12/19〜4/3 山口啓介|カナリア
開館20周年記念コレクション展II:時と意識-日付絵画とコレクション
豊田市民芸館
0565-45-4039
2/9〜5/29 企画展 本多静雄コレクション 愛知県陶磁美術館所蔵 陶磁のこま犬
刈谷市美術館
0566-23-1636
1/5〜2/21 常設展第3期 制65周年記念 河目悌二展 みんな元気!懐かしの子どもたち
  2/24〜4/10 常設展第4期 ゾクッ!? 奇怪な絵の誘惑
メナード美術館
0568-75-5787
1/2〜2/21 新春展 和のかたち−絵画・書・工芸
  3/4〜5/8 所蔵企画展 どうぶつ図鑑
国際デザインセンター
4Fデザインギャラリー
4Fデザインミュージアム
265-2106
2/12〜2/21 デザイン・トリプレックス12 日本の空間デザイン賞展
  3/30〜4/4 第8回CCDOデザインアオード2015 受賞者発表展
松坂屋美術館
264−3611
1/23〜2/23 ―愛と青春のアトリエ― 洗濯船と蜂の巣
  2/27〜3/6 第60回記念 現代書道ニ十人展
碧南市
藤井達吉現代美術館

0566-48-6602
1/9〜3/6 マリー・ローランサン
高浜市やきものの里
かわら美術館

0566-52-3366
1/23〜3/6 安土・桃山の城郭革命−信長・秀吉・家康と金箔瓦−
大一美術館
 413-6777
11/3〜4/17 アール・ヌーヴォー&アール・デコ 花文様ガラス作品展
アメリカ現代グラスアートの巨匠 デイル・チフーリ展
  1/13〜4/17 花のモチーフ絵画展
桑山美術館
 052-763-5188
4/6〜7/3 カワイイ!日本画 〜可愛らしさのツボを探ろう〜
美術館等 [ 岐阜県 ]
岐阜県美術館
058-271-1313
2/5〜3/13 第8回円空大賞展
岐阜県現代陶芸美術館
0572-28-3100
12/19〜5/8

アール・ヌーヴォーの装飾磁器

  8/8〜2/14 吉田喜彦とうつくしいものたち
  2/27〜4/17 受贈記念 山田光展 -走泥社とともに
美術館等 [ 三重県 ]
三重県立美術館
0592-27-2100
2/9〜4/10 舟越桂 私の中のスフィンクス
スペインの彫刻家 フリオ・ゴンサレス展
美術館等 [ 新潟県 ]
新潟県立近代美術館
0258-28-4111
11/14〜1/17 生誕100年 亀倉雄策と『クリエイション』
  3/5〜5/15 思い出のマーニー×種田陽平 展
ジブリの大博覧会
美術館等 [ 長野県 ]
長野県信濃美術館
東山魁夷館

026-232-0052
11/5〜1/12 東山魁夷館 第V期 「風景との対話」
  1/28〜2/9 美術館でおしゃべりしよっ!2015 ─絵をみて話そう みんなで話そう─
北澤美術館
0266-58-6000
12/2〜10/2 開館30周年記念特別展 「秘められたるガラス技法、パート・ド・ヴェール展」
  1/24〜3/3 飯塚亜裕子 パート・ド・ヴェール展