CDA理事長のつれづれ

鳥の生態

宇賀 敏夫

1、オシドリ

雄の鮮やかな色をした銀杏羽根は夏二は地味色なに変わる。仲の良い夫婦を形容して、おしどり夫婦と呼んでいるが、実際には冬ごとにパートナーを替え抱卵、子育ては雌のみが行う。

2、ルリビタキ

高山で繁殖し冬は樹林など多い公園や雑木林などに移動する。昆虫や蜘蛛などを好んで補食するが、木の実も食べる。巣は木の根元やくぼみ等の目立たない所に作るが、カッコウの仲間に托卵されることがある。


1、オシドリ

2、ルリビタキ

3、サンコウチョウ

鳴き声が月日星(つきひほし)と言っている様に聞こえることから、三光鳥と名付けられた。低い山地で営巣夏鳥である。雄は尾羽が長く、雌は短く羽色も地味である。

4、カワセミ

木の枝などから水辺の魚を狙い、飛び込んで巧みに捕える。エビや水性昆虫も補食する。繁殖期には雄は捕えた魚を木に打ち付けて、食べ易くして雌にプレゼントする。雌が受け取れば、パートナー成立となる。下のくちばしが赤い方が雌である。


3、サンコウチョウ

4、カワセミ

5、ウソ

蜘蛛や昆虫も食べるが、好物は木の芽。桜が咲く直前の芽や蕾を好んで菜食する為、桜にとっては受難となる。亜種のアカウソは胸まで赤い色をしている。鳴き声は口笛に良く似ている。

6、アカゲラ

キツツキの仲間。主に枯れ木に穴を堀り虫を捕えたり、営巣したりする。


5、ウソ

6、アカゲラ

7、アオゲラ

キツツキの仲間。主に生木に穴を堀り営巣する。

8、コゲラ

キツツキの仲間。主に枯れ木に穴を堀り、営巣する。日本のキツツキの中では最小である。


7、アオゲラ

8、コゲラ

9、アリスイ

キツツキの仲間ではあるが、自分では木に穴をあけず、他の鳥があけた穴を利用して営巣する。長い舌で蟻を舐めとる。蛇の様な身体の模様が特徴。

10、アヒルとホシハジロ

オオタカに襲われ右の羽根と右足に大怪我を負った渡り鳥のホシハジロは、他のカモ達からのいじめのの標的になっていた。それをみたアヒルがホシハジロをいじめるカモ達を追い払い、いたわり守る様になった。


9、アリスイ

10、アヒルとホシハジロ

11、アヒルとホシハジロ

負傷したホシハジロは飛ぶことは勿論、あまり長くは泳げない。それを見たアヒルは絶えず一緒に行動することに。

12、ホシハジロ

アヒルはホシハジロを背に乗せ移動する。


11、アヒルとホシハジロ

12、アヒルとホシハジロ

13、ウグイス

14、15、16、カイツブリ


13、ウグイス

14、カイツブリ

15、カイツブリ

16、カイツブリ

○ 中部デザイン協会では、会員の皆さんの作品展・展示会など、商用・個人を問わず、「会員からのお知らせ」に掲載します。ぜひご活用ください。
右記アドレス宛てにお送りください。

美術館・ギャラリー情報の内容は保障できかねますので、お出かけの際は、展示期間・内容を各施設にご確認ください。

CDA法人会員
セントラル・
アートギャラリー
052-951-8998
6/30〜7/5 水彩連盟選抜展 5th
  7/21〜7/26 山田久仁夫作品展
  7/28〜8/2 音部訓子作品展
  8/4〜8/9 トライデントデザイン作品展
  8/18〜8/23 studio KOO展
  8/25〜8/30 塚本伸爾写真展
美術館等 [ 愛知県 ]
名都美術館
0561-62-8884
CDA会員特典有
6/13〜7/26 日本画っていいね
併設企画 はやぶさの会2015 -愛知県立芸術大学日本画研究室-
  8/21〜9/27 日本の原風景〜富士をめぐる旅〜
杉本美術館
0569-88-5171
CDA会員特典有
4/23〜9/15 杉本健吉が描くやすらぎの世界 ほとけ展
愛知県美術館
971-5511
6/12〜7/26 生誕110年 片岡球子展
  8/7〜10/4 芸術植物園 BETWEEN BOTANY AND ART
名古屋市美術館
212-0001
7/18〜9/23 画家たちと戦争:彼らはいかにして生きぬいたのか
  10/3〜12/13 リバプール国立美術館所蔵 英国の夢 ラファエル前派展
名古屋市博物館
853-2655
7/18〜9/27 魔女の秘密展
  10/17〜11/29 ジャングルにひそんで28年 横井庄一さんのくらしの道具
名古屋ボストン美術館
684-0101
6/6〜8/30 ボストン美術館×東京藝術大学 ダブル・インパクト 明治ニッポンの美
  9/19〜2/21 ボストン美術館 ヴェネツィア展 魅惑の都市の500年
古川美術館
763-1991
5/23〜7/26 古川美術館 企画展「四季暦?朱夏之章」
  6/27〜7/5 分館爲三郎記念館「祝 西川流四世家元継承」展
  8/1〜8/2 子ども絵画コンクール
  8/11〜10/12 古川美術館 企画展「四季暦?白秋之章」
  8/29〜10/12 特別企画「琳派400年記念 唐長の世界〜琳派文様の美」
徳川美術館
935-6262
6/13〜7/26 企画展示 対極の美 白と黒がおりなす世界
  8/1〜9/13 徳川美術館・蓬左文庫開館80周年記念夏季特別展 没後400年 徳川家康−天下人の遺産−
岡崎市美術博物館
0564-28-5000
〜3/31

休館 平成27年4月1日から平成28年3月31日まで

豊田市美術館
0565-34-6610
〜10/9 改修工事のため休館
豊田市民芸館
0565-45-4039
5/31〜9/27 企画展 もめん−三河木綿・絣・絞り・筒描・型染−
  10/6〜1/31 特別展 生誕120年濱田庄司(日本民藝館巡回展)
刈谷市美術館
0566-23-1636
6/13〜7/12 常設展第1期 New Collection
  7/18〜8/30 イエラ・マリ展 字のない絵本の世界
  9/19〜11/8 及川正通〈特大号〉展 時代を駆けぬけて「ぴあ」が生まれた。そして、これから・・・・
メナード美術館
0568-75-5787
5/13〜7/12

所蔵企画展 みどり図鑑−緑をめぐる3つの視点ー

  7/24〜9/23

特別企画展 鈴木五郎ー土に生きる 土に遊ぶー

  10/1〜12/23

メナード美術館コレクション名作展2015

国際デザインセンター
4Fデザインギャラリー
4Fデザインミュージアム
265-2106
7/15〜7/20 AICHI AD AWARDS 2015 優秀広告作品展
  9/23〜9/28

創作ピンホールカメラとその写真展・12 CREATORS MEET THE PINHOLE CAMERA 12

松坂屋美術館
264−3611
6/13〜7/12 微笑みに込められた祈り 円空・木喰展
  7/17〜9/6 くまのプーさん展 Disney's Winnie the Pooh Exhibition
  9/12〜10/18 デュッセルドルフ市立美術館所蔵 ゲルタ・ケプフ・コレクション アールヌーボーガラス展
碧南市
藤井達吉現代美術館

0566-48-6602
7/3〜8/23 時空を超えてつむぐ ―多和英子vs放菴・達吉・鉄五郎
  9/1〜10/18 誕生!碧南発 行動美術 −今70年の時を経てよみがえるあの時の熱情を−
高浜市やきものの里
かわら美術館

0566-52-3366
5/30〜7/5 植物学者 伊藤圭介と幻の瓦コレクション
  7/18〜9/6 馬、たてまつる −埴輪からおまんと、競馬まで−
大一美術館
 413-6777
4/22〜11/1 ガレ&ドーム&ラリック ガラスアート三大巨匠展
デイル・チフーリ、日本人芸術家の現代ガラス作品展
  4/20〜7/20 マッシモ・ノルディオ イタリア人から見た、日本の十二支を色鮮やかに表現
  7/22〜1/11 文化功労者顕彰記念 絹谷幸二展
美術館等 [ 岐阜県 ]
岐阜県美術館
058-271-1313
7/9〜8/23 日韓近代美術家のまなざし −「朝鮮」で描く
  9/11〜11/1 小さな藤田嗣治展
  9/10〜10/12 IAMAS ARTIST FILE #3 BEACON 2015
岐阜県現代陶芸美術館
0572-28-3100
6/13〜8/30

(き)になるかたち

  9/12〜12/6

超絶技巧! 明治工芸の粋

美術館等 [ 三重県 ]
三重県立美術館
0592-27-2100
7/11〜9/27 戦後70年記念 20世紀日本美術再見 1940年代
  2/9〜4/10 舟越桂展
スペインの彫刻家 フリオ・ゴンサレス展
美術館等 [ 新潟県 ]
新潟県立近代美術館
0258-28-4111
7/4〜8/30 生誕100年 写真家・濱谷浩
  9/12〜11/3 会田誠
美術館等 [ 長野県 ]
長野県信濃美術館
026-232-0052
7/11〜8/23 ドラッカー・コレクション 珠玉の水墨画「マネジメントの父」が愛した日本の美
  9/12〜11/8 没後50年”日本のルソー”横井弘三の世界展
北澤美術館
0266-58-6000
4/1〜11/29 開館30周年記念特別展 ルネ・ラリック 展
  12/2〜10/2 開館30周年記念特別展 「秘められたるガラス技法、パート・ド・ヴェール展」(仮称)