CDA理事長のつれづれ

誰もが創造者 4 「ドラえもん・ワゴン」

舟橋辰朗

昨年の12月9日〜11日かけて中部ろうさい病院に検査入院をした。その結果脊椎管狭窄症と診断。今年1月22日に手術、2週間後に退院。現在では腰痛も治り、リハビリを兼ねたウオーキングで体力作りに励んでいるところです。 内容は、私の治療のことではなく、昨年検査入院をしたときの出来事が主題です。入院の2日目、検査が終わり昼食を済ませて1階ロビーに降りてみると、玄関の一角にステージらしきものが、出来かかっていた。(写真1)よく観ると18mmのコンパネの台を円筒の金属缶が支えているのだ。ワックス缶の再利用だ!(写真2)また年何回か行なわれているようで、ベニヤの組み合せの印や缶の位置が、ベニヤの表に表示されており間違いなく、作業が行なわれるよう工夫がされていた。(写真3、4)私が1階に行ったのは1時頃で、まだ薬を貰う人や診察料金を支払う人で混雑していた。


1

2

3

4

プログラムを見るとマンドリン演奏が2時から始まるとあった。1時半位になると急に人が集まって作業が始まった。事務系の女性や男性、ボランテアの人達が協力してやっている。その中の1人の男性が色々と指示をしていた。彼のそばに1台のワゴンが付いて回っていた。(写真5、6)

私はそのワゴンを観て、眼が点になってしまった。(写真7、8)

ワゴンの上には脚立が乗っかっているが、それはすぐに使うものだ。ワゴンの3面はクッション入りのビニールシートや保護材で覆われており、ワゴンが什器や建物の内装を傷つけないように配慮されている。もう一面は5段の引き出しだ。これの持ち主は営繕課の竹内さんで、れっきとした職員でイベントがあると仕事の領域を超えて手伝っている。


5

6

7

8

竹内さんの了解を得てすべてを見せて貰った。もう驚きの知恵と工夫と製作です。さらに凄いのは、すべて廃材利用で出来ているのです。

では、驚きのワゴンの構成、構造をご覧ください。
左右の保護板、実は物入れであるがベースの素材は、使い古されたアルミのトレーで出来ているのです。写真9はチリ取りセット収納、写真10はゴムバンド、汚れとりパット収納。いずれも斜めに開閉し、ロックはマグネット、壁側に古いワゴンの支柱が見えている。
上部のカバーを外すと、ドリルのビット、ビス、ナット、タッピングビスなどとテープ類が現れた。使用頻度の高いものを収納。(写真11)
引き出しは5段あり、その取手は何かの合成皮革で作られているので柔らかい、ここにも傷を付けない配慮がある。(写真12)


9

10

11

12

1段目写真13は、主要工具であるペンチ類、ドライバー類が整然と納められている。
2段目写真14は、ビスやクギ類で種別ごと見事に整理されている。
3段目写真15は、ビスやクギ以外の部品類と金づち、カッター、556など。
4段目写真16は、水準器、ボンド、その他の工具類。
5段目写真17は、一番下で何かのスプレーや大型の工具が入れられているが、補助的な収納。
さらに、これらの引出しが移動中に飛び出さないように、ロック機構まで考えてあるのです。写真18はロックの状態で、右の曲がったレバーを上下させて使用。レバーを上げるとロックが解除、写真19。これは凄いと思いませんか。
さらに極めつけは、途中からワゴンに乗せられたビニール紐のケースだ!紐の束はよくからまって、苦労することがある。竹内さんは、ポリタンクの底を切取りそこから紐の束いれ、上に小穴を開けて紐を引っ張りだしているのだ!写真20。まさに竹内ワールドは、ドラえもん〜〜〜だ!


13

14

15

16

17

18

19

20

2時までに30分位しかないに瞬く間に、ハロウィンステージが完成する、同時にこれまたボランティアのマリンバ楽団が入場し間もなく「丘を超えて」の演奏が始まった。(写真21)


21

竹内さんは、楽団と観客(入院患者)の様子を眺めながら、満足に満ちた表情だった。
必要は発明の母!思いは実現する!は言い尽くされた言葉であるが、「ものづくり」の原点である。ドラえもん・ワゴンからは、竹内さんの強い思いと共に、造り上げた喜びも感じるのです。

2015.5.19

○ 中部デザイン協会では、会員の皆さんの作品展・展示会など、商用・個人を問わず、「会員からのお知らせ」に掲載します。ぜひご活用ください。
右記アドレス宛てにお送りください。

美術館・ギャラリー情報の内容は保障できかねますので、お出かけの際は、展示期間・内容を各施設にご確認ください。

CDA法人会員
セントラル・
アートギャラリー
052-951-8998
6/2〜6/7 花と土と人展
  6/9〜6/14 全日本アートサロン絵画大賞
あいち入選作品展2015
  6/16〜6/28 名古屋総合デザイン専門学校展
  6/30〜7/5 水彩連盟選抜展 5th
  7/21〜7/26 山田久仁夫作品展
  7/28〜8/2 音部訓子作品展
美術館等 [ 愛知県 ]
名都美術館
0561-62-8884
CDA会員特典有
6/13〜7/26 日本画っていいね
併設企画 はやぶさの会2015 -愛知県立芸術大学日本画研究室-
  8/21〜9/27 日本の原風景〜富士をめぐる旅〜
杉本美術館
0569-88-5171
CDA会員特典有
4/23〜9/15 杉本健吉が描くやすらぎの世界 ほとけ展
愛知県美術館
971-5511
6/12〜7/26 生誕110年 片岡球子展
  8/7〜10/4 芸術植物園 BETWEEN BOTANY AND ART
名古屋市美術館
212-0001
7/18〜9/23 画家たちと戦争:彼らはいかにして生きぬいたのか
  10/3〜12/13 リバプール国立美術館所蔵 英国の夢 ラファエル前派展
名古屋市博物館
853-2655
4/25〜6/7 いつだって 猫展
  7/18〜9/27 魔女の秘密展
  10/17〜11/29 ジャングルにひそんで28年 横井庄一さんのくらしの道具
名古屋ボストン美術館
684-0101
6/6〜8/30 ボストン美術館×東京藝術大学 ダブル・インパクト 明治ニッポンの美
  9/19〜2/21 ボストン美術館 ヴェネツィア展 魅惑の都市の500年
古川美術館
763-1991
5/23〜7/31 古川美術館 企画展「四季暦?朱夏之章」
  5/23〜6/21 分館爲三郎記念館特別企画「伝統工芸創作人形展(名古屋) ?日本工芸会正会員による?」展
  6/27〜7/5 分館爲三郎記念館「祝 西川流四世家元継承」展
徳川美術館
935-6262
6/13〜7/26 企画展示 対極の美 白と黒がおりなす世界
  8/1〜9/13 徳川美術館・蓬左文庫開館80周年記念夏季特別展 没後400年 徳川家康−天下人の遺産−
岡崎市美術博物館
0564-28-5000
4/1〜3/31

休館 平成27年4月1日から平成28年3月31日まで

豊田市美術館
0565-34-6610
〜10/9 改修工事のため休館
豊田市民芸館
0565-45-4039
6/3〜8/31 企画展 もめん−三河木綿・絣・絞り・筒描・型染−
刈谷市美術館
0566-23-1636
4/25〜6/7 宮西達也ワンダーランド展〜ヘンテコリンな絵本の仲間たち
  6/13〜7/12 常設展第1期 New Collection
  7/18〜8/30 イエラ・マリ展 字のない絵本の世界
メナード美術館
0568-75-5787
5/13〜7/12

所蔵企画展 みどり図鑑−緑をめぐる3つの視点ー

  7/24〜9/23

特別企画展 鈴木五郎ー土に生きる 土に遊ぶー

国際デザインセンター
4Fデザインギャラリー
4Fデザインミュージアム
265-2106
6/3〜6/4 山中・漆うつわ会展VOL.11
  6/25〜6/28

名古屋学芸大学デザイン学科 なごやVISION展

松坂屋美術館
264−3611
6/3〜6/9 第37回 日本新工芸展
  6/13〜7/12 微笑みに込められた祈り 円空・木喰展
  7/17〜9/6 くまのプーさん展 Disney's Winnie the Pooh Exhibition
碧南市
藤井達吉現代美術館

0566-48-6602
4/14〜6/7 生誕150年記念 竹内栖鳳展
  7/3〜8/23 多和英子 vs 放菴・達吉・鉄五郎
高浜市やきものの里
かわら美術館

0566-52-3366
5/30〜7/5 植物学者 伊藤圭介と幻の瓦コレクション
  7/18〜9/6 馬、たてまつる −埴輪からおまんと、競馬まで−
桑山美術館
 052-763-5188
4/4〜7/5 所蔵日本画展 院展の画家たち−近代日本画の開拓と創造−
大一美術館
 413-6777
4/22〜11/1 ガレ&ドーム&ラリック ガラスアート三大巨匠展
デイル・チフーリ、日本人芸術家の現代ガラス作品展
美術館等 [ 岐阜県 ]
岐阜県美術館
058-271-1313
6/6〜6/28 第69回岐阜県美術展
  7/9〜8/23 日韓近代美術家のまなざし −「朝鮮」で描く
岐阜県現代陶芸美術館
0572-28-3100
4/18〜5/31 やきものって何ダ? -陶芸美術館8館の名品に学ぶ-
  6/13〜8/30

(き)になるかたち

美術館等 [ 三重県 ]
三重県立美術館
0592-27-2100
5/16〜6/28 真昼の夢、夜の寝覚め ―昼夜逆転の想像力―
受贈記念 魚住誠一写真展 
  7/11〜9/27 戦後70年記念 20世紀日本美術再見 1940年代
美術館等 [ 新潟県 ]
新潟県立近代美術館
0258-28-4111
4/18〜6/7 印象派への旅 ―戦後70年 ひろしま美術館フランス絵画展
  7/4〜8/30 生誕100年 写真家・濱谷浩
美術館等 [ 長野県 ]
長野県信濃美術館
026-232-0052
7/11〜8/23 ドラッカー・コレクション 珠玉の水墨画「マネジメントの父」が愛した日本の美
  9/12〜11/8 没後50年”日本のルソー”横井弘三の世界展
北澤美術館
0266-58-6000
4/1〜11/29 開館30周年記念特別展 ルネ・ラリック 展
  3/18〜6/11 いまここに咲く現代トンボ玉 ガラスの華・トンボ玉展2015
  6/14〜7/20 三浦 世津子  ガラス展 ―更紗の花々より―