CDA理事長のつれづれ

ケルトとロマネスク

高橋敏郎

 二十年ほど前から古代と中世の間、即ち西洋の暗黒時代と言われる時代の建築技術(特に建築構造)に興味を持って来た。
 2世紀末にはローマ帝国は終末に向けて舵を切り、徐々に崩壊していった。かつてトルコに旅した時アナトリアで「ローマ人はアーチを発明したと言っていますが、あれはトルコ人の発明なんですよ」とガイドはのたまった。最近の韓国の「我が国の発明」とは明らかに違う、当時はアナトリアの一部までローマ帝国だったのだからどちらの言い分も正しいと言える。といいながらビザンチンの時代のペンディンティーム・ドーム以前の(スキンチとかトロンプ)建築にトルコで出会える可能性はほぼ皆無かもしれない。


伝統的なケルン(フランス・ゴルド)

天空の城・ゴルド、フランスの美しい村

 3世紀からの民族大移動とローマキリスト教の普及はギリシャ・ローマを含む古代の文化、技術をすべてご破算にして歴史の時計の針をミレニアムほども巻き戻した。
 それをどうやって再構築して、日本人のありがたがるゴシック以降の西洋建築に築きあげたのか、歴史テキストにはほとんど記述はない。寡聞にして暗黒時代の建築の本もなく研究者も聞いたことがない。どうしても知りたいという知識欲をおおいに刺激した。
 行き着いたのはケルト文化だ。ケルトに興味を持ったのは、塩野七生の「ローマ人の物語」に負うところが大きい。建築の人ではないにもかかわらず彼女の著作は建築や土木に詳しい。紀元前、ユリウス・カエサル(シーザー)が現フランスからブリテン島、ライン河左岸を転戦して回った「ガリア戦記」はなおさら興味深い。そのガリアこそがケルトだ。  紀元前7世紀ごろからユーラシア大陸中央部の高地を中心に南はカナリア諸島からイベリア半島、現在の西欧はすべて大陸ケルトが占めていた。アイルランド、大ブリテン島もケルトだ。民族大移動で人種が入れ替わり、あるいは混血して現西洋人が出来上がりケルトは消滅した。
 2009年冬、北スペインで前から見たかったケルト人の教会を見た。20世紀半ばまで昔からある建物で用途がわからず羊の小屋として使用していて半分は壊したそうである。調査により7Cのケルトの教会であることが判明した。内部には壁画があったそうだが私たちが見る半年前にすべてはがして盗まれたそうだ。壁面にはケルト模様が彫り込まれていて素朴だが美しい。窓にガラスはない(この時代に板ガラスはない)。


ケルトの遺構、ララ教会

セブレイロのケルト集落

 昨春、ピレネー山脈の麓の村で目当ての教会の見学後、食事場所の近くにアーリーロマネスクの教会を発見した。この教会の窓はアラバスタ―、内部を見ると交差ヴォールトに補強のアーチ、素朴なケルトの伝統であることが分かる。早い時期のロマネスク建築の窓はほとんどがアラバスタ―である(磯崎新は70年代後半にはパクッテますがね)。


アーリーロマネスクの教会

同 内部

 プロヴァンスではル・トロネ修道院を見ている。ロマネスク時代の最後を飾る素晴らしい建築で、L・コルビジェがロンシャン礼拝堂、ラ・トゥーレット修道院からの建築すべてでディテールを真似したことは有名だ。回廊も素晴らしかった。ロマネスク建築ではモサラベ様式の柱頭も必見で、時間がないのが口惜しいかぎりだ。 このような建築を見て歩いた後、帰国のために大都会に出て話題の現代建築や巨匠の建築を見てもまるで感動できない。現代建築の軽薄さ、貧しさをいつも思い知らされている。 暗黒時代からロマネスクへの旅はライフワークになってしまったようだ。

○ 中部デザイン協会では、会員の皆さんの作品展・展示会など、商用・個人を問わず、「会員からのお知らせ」に掲載します。ぜひご活用ください。
右記アドレス宛てにお送りください。

美術館・ギャラリー情報の内容は保障できかねますので、お出かけの際は、展示期間・内容を各施設にご確認ください。

CDA関連・会員参加
CDA事業 2/21 中部デザイン協会 第32回会員プレゼンテーション
CDA学生交流委員会 2/7 【申込必要】CDA学生交流委員会 第1回 ワークショップ 陶磁器上絵付け体験
CDA法人会員
セントラル・
アートギャラリー
052-951-8998
2/3〜2/8 スペイン&ポルトガルの旅 スケッチ展Y
  2/10〜2/15 終着駅 亀ア敏郎 水彩画展 ふるさとの駅
  2/17〜2/22 河村ゼミ展
  2/24〜3/1 2015 新制作選抜展(中部)
  3/3〜3/8 大同大学展
  3/17〜3/22 第6回絵画教室作品展
  3/24〜3/29 小宮三辰作品展
  3/31〜4/5 山田久仁夫作品展
美術館等 [ 愛知県 ]
名都美術館
0561-62-8884
CDA会員特典有
1/17〜3/15 <名都美術館コレクション>太陽と月のしらべ 〜輝きに導かれ〜
  4/1〜5/24 <特別展>草木の息吹に魅せられて 花と緑の日本画 −佐藤美術館所蔵「国際花と緑の博覧会」出品作品より−
杉本美術館
0569-88-5171
CDA会員特典有
1/1〜4/21 杉本健吉をさがせ!展 (同時開催)椿
愛知県美術館
971-5511
2/3〜4/5 ロイヤル・アカデミー展
  4/17〜5/31 『月映』展 田中恭吉・藤森静雄・恩地孝四郎 TSUKUHAE
名古屋市美術館
212-0001
1/10〜3/22 だまし絵II
名古屋市博物館
853-2655
12/13〜2/8 感じる縄文時代
  2/28〜5/31 エピソードでたどる 書の散歩道
名古屋ボストン美術館
684-0101
1/2〜5/10 ボストン美術館 華麗なるジャポニスム 印象派を魅了した日本の美
  6/6〜8/30 ボストン美術館×東京藝術大学 ダブル・インパクト 明治ニッポンの美
古川美術館
763-1991
1/2〜3/1 企画展 古川爲三郎 生誕125年記念「実業家の眼 愛蔵の美」
徳川美術館
935-6262
1/4〜2/1 企画展示 年の初めのためしとて
  2/7〜4/5 特別展 尾張徳川家の雛まつり
  4/11〜5/31 徳川美術館開館80周年記念春季特別展 国宝 初音の調度
岡崎市美術博物館
0564-28-5000
1/31〜3/29

収蔵品展「暮らしのうつりかわり」

豊田市美術館
0565-34-6610
〜10/9 改修工事のため休館
豊田市民芸館
0565-45-4039
12/9〜3/1 企画展 筒描
  3/10〜5/24 企画展I 名誉市民 本多静雄コレクションIV
企画展II (仮)復元猿投古窯
刈谷市美術館
0566-23-1636
1/6〜2/22 常設展第3期 旅の記憶、異国の情景
  2/25〜4/12 常設展第4期 いきものたちの絵本劇場
メナード美術館
0568-75-5787
1/2〜3/1 新春展 音からうまれる色ワールドーオトいろー
  3/12〜5/6 "みたい!日本画” 所蔵企画 日本画名作展−近代から現代まで−
国際デザインセンター
4Fデザインギャラリー
4Fデザインミュージアム
265-2106
2/4〜2/8 JAGDA新人賞展2014 大原大次郎・鎌田順也・原野賢太郎
  2/17〜2/26 デザイン・トリプレックス11 日本の空間デザイン賞展
  2/18〜3/16 studio record selected exhibition vol.4 福間乃梨子 nuriキャンドル展
  2/21 中部デザイン協会 第32回会員プレゼンテーション
  2/25〜3/2 VOL.3 大同大学[×4 DESIGN DAIDO UNIVERSITY RELAY EXHIBITION] 大同大学 建築学科 建築専攻/インテリアデザイン専攻ー卒業研究選抜展2014ー
松坂屋美術館
264−3611
1/24〜2/1 第59回 現代書道二十人展
  2/7〜3/8 モナコ ロイヤルウェディング展
  4/11〜4/19 第70回 春の院展
碧南市
藤井達吉現代美術館

0566-48-6602
1/23〜3/8 没後130年 山中信天翁と幕末維新展
  3/17〜3/29 第4回 碧南市民アンデパンダン展 みなさんがアーティスト
高浜市やきものの里
かわら美術館

0566-52-3366
1/17〜3/1 画家の魂・パレットとその作品
桑山美術館
 052-763-5188
1/7〜2/1 新春展「初春を寿ぐ −吉祥の絵画と工芸品−」
  4/4〜7/5 所蔵日本画展 院展の画家たち−近代日本画の開拓と創造−
大一美術館
 413-6777
10/28〜4/19 没後110年 エミール・ガレ回顧展
美術館等 [ 岐阜県 ]
岐阜県美術館
058-271-1313
2/3〜5/17 タグチヒロシ・アートコレクション パラダイムシフト てくてく現代美術世界一周
岐阜県現代陶芸美術館
0572-28-3100
11/8〜3/15 みて・きいて・かんじる陶芸
美術館等 [ 三重県 ]
三重県立美術館
0592-27-2100
12/13〜2/15 岡田文化財団設立35周年記念 コレクション展 
  3/7〜3/29 空飛ぶ美術館
美術館等 [ 新潟県 ]
新潟県立近代美術館
0258-28-4111
2/3〜4/5 コレクション・ストーリーズー 11年の物語
美術館等 [ 長野県 ]
長野県信濃美術館
026-232-0052
2/5〜2/17 美術館でおしゃべりしよっ!2014(第1展示室)
北澤美術館
0266-58-6000
11/1〜3/29 開館30周年記念特別展 アール・ヌーヴォーのガラス工芸、ドーム兄弟
  1/15〜3/15 Shin PA in諏訪