CDA理事長のつれづれ

環境照明の見直し!

 照明は、夜間における人の行動を安全性確保する目的で普及してきました。その明るさもそれなりの根拠をもって推奨値を設定して目的を果たしてきました・・・しかし・・・最低照度の決まりはあるものの、上限値はファジーな面が多く最低値を満たせばOKという判断が常識のようになってきました。そして、明るければ目立つという意識から無作為に乱暴なあかりの氾濫を招いてきました。
 20年前、『豊田市のあかり』の実態調査を1年間行う機会に恵まれました・・・その結果、屋外のあかり(明るさ)のバランスを狂わせているのは、当時のガソリンスタンド・自動販売機・中古車展示場でした。
 その頃、会社では屋外の照明設計を担当し、世の中を明るくする最高の仕事として捉えていました・・・実態調査は明るくするだけは間違いであり、明るさにもその環境と調和することまで考えなくてはいけない事を学び反省させられました・・・そこまで考えてない照明は誤った設計で、潜在的にうしろめたい感覚を覚えたものです。照明設計は立ち上げ時、周囲状況の情報はシークレットで知らされない場合が多く、机上の設計となりがちでした。
 それは不具合を招く要因になり、多くのあかりによる障害の発生を招き、施工現場の光害対策の依頼も増え始めた。対処すればするほど、現場を見ての設計が必要と感じたものです。
 放った あかり は周囲に散乱する、それにより作物をはじめ生態系に悪い影響を与える・・・これは自然じゃない・・・動植物への影響は体験してますが、人でも体内時計等いろいろ症状が狂うのです。
  2007年、家族で御岳登山に行った時、早朝の天空は無数の星がひしめき天の川も見える、その宇宙に吸い込まれその不思議さに想像が巡る・・・自然の美しさに人の創造物は勝てない・・・子供たちには初めて見る天の川だった・・・。
 屋外の明かりには 安全・安心・いこい・やすらぎ・しるし と大きな目的がある・・・これらのバランスが保たれていれば、目いっぱい明るくする必要がないのです、心地良いあかりは数値でなく感性だと思えてきた。
 それを試す機会が巡ってきました。郡上の河川敷照明 河川敷の歩道照明はワークショップで数年間 あかりの勉強会(形・あかり)のなかで思考錯誤しながら探していた・・・そのとき前からの考えを盛り込んだ提案は地元の要望事項と一致し、すぐ施工依頼を受けました・・・それは推奨値を満たさない あかり・・・しかし眺めて良い・落ち着く・・・翌年、照明学会東海支部で普及賞を受賞、専門家からも評価を受けたのです、そう、あかり は感性なんだ! 同様な設計で次年度は 住宅エリア グリーンモールあざぶ でも普及賞、翌年度も御嵩駅前・鳥羽城三の丸公園・・・今年は桃介橋の照明と周囲環境に気遣い、バランスを保った照明手法が評価されるようになりました。
 キーワードはLED光源の出現、細かなあかり・ランプの大きさ・放熱と気を配る制約がなくなりました・・・もっと 次世代のあかり を追っかけ・・心地良い あかり・人の生活に必要な機能も模索し試して・・・日々を過ごしています。


郡上

鳥羽城壁

桃介橋


(著 日本街路灯製造株式会社 研究開発 若松 寿)

○ 中部デザイン協会では、会員の皆さんの作品展・展示会など、商用・個人を問わず、「会員からのお知らせ」に掲載します。ぜひご活用ください。
右記アドレス宛てにお送りください。

美術館・ギャラリー情報の内容は保障できかねますので、お出かけの際は、展示期間・内容を各施設にご確認ください。

CDA法人会員
セントラル・
アートギャラリー
052-951-8998
4/1〜4/6 一般社団法人 観光スケッチ協会展
  4/8〜4/13 秋田雄峰作品展
  4/15〜4/20 ターナーアワード展
  4/22〜4/27 名古屋学芸大学教員展
  4/29〜5/4 第4回 朝一のスケッチ散歩教室展
  5/6〜5/11 中部行動美術会員・会友小品展
  5/27〜6/1 塚本信爾写真展
  6/3〜6/8 花と土と人展
美術館等 [ 愛知県 ]
名都美術館
0561-62-8884
CDA会員特典有
4/1〜5/25 <名都美術館コレクション>語らいの中で
杉本美術館
0569-88-5171
CDA会員特典有
1/1〜4/15 杉本健吉没後10年 記念作品展III(1951〜2004)生涯現役
(同時開催)僕を描く僕がいる
愛知県美術館
971-5511
2/25〜4/6 クレラー=ミュラー美術館所蔵作品を中心に 印象派を超えて −点描の画家たち ゴッホ、スーラからモンドリアンまで
  4/17〜6/8 シャガール展
名古屋市美術館
212-0001
4/12〜6/8 マインドフルネス!  高橋コレクション展 決定版2014
  7/5〜8/24 挑戦する日本画:1950〜70年代の画家たち
名古屋市博物館
853-2655
3/11〜5/6 国際浮世絵学会創立50周年記念 特別展 大浮世絵展
名古屋ボストン美術館
684-0101
4/19〜8/31 開館15周年記念 ボストン美術館 ミレー展
  9/20〜11/30 美術する身体 ―ピカソ、マティス、ウォーホル
古川美術館
763-1991
3/15〜5/11 古川美術館 特別展 「日本画家・木村光宏の世界」展
分館 爲三郎記念館 特別展「西中千人(にしなかゆきと)ガラス展〜伝統を呼び未来を継ぐ」
  5/31〜7/21 古川美術館 企画展 「THE 美人画」
  5/31〜6/22 分館 爲三郎記念館「磯野宏夫遺作展」
徳川美術館
935-6262
2/8〜4/6 特別展 尾張徳川家の雛まつり
  4/12〜5/25 春季特別展 将軍からのおくりもの−儀礼と拝領−
岡崎市美術博物館
0564-28-5000
4/5〜6/1 藤井達吉の全貌−野に咲く工芸 宙(そら)を見る絵画−
豊田市美術館
0565-34-6610
1/7〜4/6 【常設特別展】愛知リアリズム−宮脇晴と岸田劉生の周辺
  4/22〜6/29 荒木経惟 往生写集−顔・空景・道
豊田市民芸館
0565-45-4039
3/11〜5/25 企画展 名誉市民 本多静雄コレクションIII
刈谷市美術館
0566-23-1636
3/1〜4/13 常設展第3期 宇野亜喜良展 本に見る少女譚
  4/26〜6/8 レオ・レオニ 絵本のしごと
メナード美術館
0568-75-5787
3/8〜5/11 所蔵企画展 身近な小宇宙−室内を描く
  5/17〜7/13 所蔵企画 シャガール版画展 ー重ねる色 重なる愛−
国際デザインセンター
4Fデザインギャラリー
4Fデザインミュージアム
265-2106
   
松坂屋美術館
264−3611
3/8〜4/6 宝塚歌劇100周年記念 宝塚歌劇100年展 ー夢、かがやきつづけてー
  4/12〜4/20 第69回 春の院展
  4/26〜5/20 エヴァンゲリオン展
  5/24〜6/1 第49回 日春展
碧南市
藤井達吉現代美術館

0566-48-6602
4/1〜5/6 新収蔵品展
高浜市やきものの里
かわら美術館

0566-52-3366
4/12〜5/25 ボーダレス・アート・コレクション −芸術がほどいてゆく境界−
桑山美術館
 052-763-5188
4/5〜7/6 所蔵日本画展 御山の景・水辺の景
大一美術館
 413-6777
10/22〜4/20 エミール・ガレを中心にアール・ヌーヴォー&アール・デコ ガラス名品展
美術館等 [ 岐阜県 ]
岐阜県美術館
058-271-1313
4/16〜5/18 所蔵品展示 彫刻のさんぽ道
  6/7〜6/15 第68回岐阜県美術展
美術館等 [ 三重県 ]
三重県立美術館
0592-27-2100
3/1〜5/6 ア・ターブル!―ごはんだよ! 食をめぐる美の饗宴―
  5/20〜6/29 福田豊四郎展
美術館等 [ 新潟県 ]
新潟県立近代美術館
0258-28-4111
3/1〜4/13 生誕120周年 岩田正巳展ー新興大和絵、その清澄なる世界ー
  4/26〜6/1 生誕120年 宮芳平展 野の花として生くる。
美術館等 [ 長野県 ]
長野県信濃美術館
026-232-0052
2/6〜4/1 東山魁夷館 VI「なごり雪」
北澤美術館
0266-58-6000
4/3〜7/9
  • 須藤珠美 ガラス展
  4/3〜10/31 開館30周年記念特別展 ドーム兄弟 - 秘蔵の名作を一堂に公開 -