中部デザイン協会ホームページ

○ 新年のごあいさつ

新年あけましておめでとうございます。
会員の皆様におかれましては、健やかな新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
昨年は国際デザインセンターが設立20周年を迎え、その事業を中部デザイン団体協議会が主体なって、計画、運営を行いました。事業の中枢に中部デザイン協会の会員が活躍し、事業が円滑に推進いたしましたことをご報告申し上げます。しかしその最中、高橋省次会長の訃報を受け、深い悲しみの中、高橋会長を「偲ぶ会と作品展」 を開催致し、多く方に参会を頂きました。
さて愛知県デザインセンターが、今年度をもって閉館されます。それに伴い中部デザイン協会の事務局も移転を余儀なくされ、紆余曲折の末、国際デザインセンター7階でCCDO事務局体制の中に居を構えることになりました。移転が今年度最後の大仕事になります。 来年度は、国際デザインセンターという恵まれた拠点で、新たな事務局体制、新たな役員体制のもと、中部デザイン協会の活動が大きな広がりを持って行くことでしょう。また会員の皆様には、活動の場、交流の場が生れ、CDAの活力源になることでしょう。
どうぞ新たな拠点での皆様の活動を期待しております。本年もよろしくお願い致します。

平成25年 元旦
中部デザイン協会 理事長
舟橋辰朗

○ 中部デザイン協会では、会員の皆さんの作品展・展示会など、商用・個人を問わず、「会員からのお知らせ」に掲載します。ぜひご活用ください。
右記アドレス宛てにお送りください。

CDA理事長のつれづれ

新年があけ、新しい時代が始まります。良い年になりますように。 昨年は私たちの会長高橋省次先生を失うという悲しい年でした。先生のお導きで中部デザイン協会に入会させて頂き皆様とのご縁も頂いていますのに悲しみを言葉に表せません。 先生のご意志を受け継ぎ、これからも皆様と一緒にデザイン界の発展のためにお手伝いさせていただきたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。
鬼頭正信

「感じよう!」

ものを造る上で大切なのは意志であることはもちろんですが、その実現には技が必要であり、技は教えられる知識だけでなく素材と触れ合い「感じる」ところから本物になり、新しい技も産まれると思います。 造形は人間の基本的営みの1つですが、原始の時代に技法が有った訳ではなく、自然界の物質と触れ合う中で産まれ、高められて来ました。
金属で様々な物を造ってきました。 特に「鍛金」という技法が好きで、それに熱中しています。 彫刻ですか?工芸ですか?と聞かれますが、ジャンルの意識よりも良い物が出来ることを願っているので、その分類にさえはまらない物も造ってきました。 造った物に、多くの方が「いいね」と思って下されば幸せです。



作品制作が主ですが、指導する機会も度々いただきました。
良い物を造るためには素材と扱い方の知識が必要なのは言うまでもありませんが、造る上でもっと大切なことは「感じる」ことですね。これは教えることの難しい領域で、本人が感じるまで理解につながりません。もちろん感じるための知識や状況を与えますが、本人が感じることが第一歩なのです。学生さんからの質問にも、「感じましょう」と応えます。
どのような素材を扱う場合も共通していると思いますが、一見容易そうな作業でも、意のままに扱えるようになるには少なからぬ経験が必要です。かつて先生や先輩に質問をした時に「数やりゃぁわかる!」と言われたものですが、まさに「感じなさい」ということでしょう。



鍛金技法の場合にも多くの場面で「感じる」ことがとても大切です。
特に絞りという技法の場合には当て金と呼ぶ金床の上に材料をかぶせるような状態で作業するため、材料と当て金の接し具合は見えません。まさに感じながら作業します。
叩くという行為を繰り返しますが、形が出来て行くのも、壊れて行くのも同じような行為です。違いは力を押し付けるのではなく、求める形になってくれるよう、力を与えることです。良い力を与えられると素材も美しい音を発します。 この感じてつくる、ということはどなたもが普段の生活で無意識にしている行動と同じだと思います。ほとんどの動作は経験値から無意識に出ています。
絵を描く時に画面に接している筆の先(接触部)は見えていません。でも経験値から感じながら描くことが出来ます。しかし、新しい素材に接した時には経験値が無いのですから、普段の動作と同じようにいかないのが当然です。 初めて自転車をまたいだ頃は不安がいっぱいだったでしょう。でも、一旦操縦が出来るようになると、それまでとは全く別の感覚で自在に乗れるようになります。感じたのです!
知識が必要なのはもちろんですが、実際に触れて感じることが大切なのです。
そんなことを実際の場面で理解頂くよう心がけています。 学校だけでなく工房での教室でも続けてきました。
中部デザイン協会は鍛金講座を企画して下さり、一緒に楽しんでいただきました。
体験する中からしか得られないものを共に感じて頂けたと思います。



鍛金の仲間で「鍛冶屋の集い」というイベントをして来ました。
昨年は春に岡崎で開き、秋にも名古屋造形大学で開きました。仲間内だけの行事ということが多い集まりでしたが、秋は「鍛金パーティー」と称して一般の方々にも参加体験頂きました。1日だけの仮の設営でしたので、充分な体験ではなかったと思いますが、皆さん熱中して下さいました。中部デザイン協会の皆さんにもご参加頂きありがとうございました。



鍛金は元々この国でも多くの職人さんが普通にやっていた技のひとつです。現代の産業技術やロボットは私たちの生活を支えてくれていますが、残念ながら職人さん達の感じながら行う仕事を奪って来ています。技を磨いても活かせる機会が減りつつあります。次の世代に、その「感じる」ことから得るものつくりの大切さを引き継いでいけることを願います。


(著 中部デザイン協会理事 鬼頭 正信)

美術館・ギャラリー情報の内容は保障できかねますので、お出かけの際は、展示期間・内容を各施設にご確認ください。

CDA関連・会員参加
CDA会員参加展覧会 1/5〜1/13 第6回アートクラブ34・風景スケッチ展
CDA法人会員
セントラル・
アートギャラリー
052-951-8998
1/15〜1/20 亀崎敏郎作品展
  1/22〜1/27 OAC新春百面相展
  1/29〜2/3 岡本滋夫と名古屋学芸大学院研究生4人展
  2/12〜2/17 THE POSTER WORKS 2013
  2/19〜2/24 河村ゼミ展
  2/26〜3/3 中部新制作協友展
美術館等 [ 愛知県 ]
名都美術館
0561-62-8884
CDA会員特典有
1/19〜2/17
  • 【所蔵企画展】 笑門来福 清水公照展
  2/19〜3/31
  • 【所蔵企画展】 早春の調べ
杉本美術館
0569-88-5171
CDA会員特典有
1/1〜4/17
  • 【特別企画】舞妓
    (同時開催)橋のある風景
愛知県美術館
971-5511
12/21〜2/11 クリムト生誕150年記念 クリムト 黄金の騎士をめぐる物語
  3/1〜4/14 円山応挙展 江戸時代絵画 真の実力者
名古屋市美術館
212-0001
1/7〜3/15 休館
名古屋市博物館
853-2655
12/1〜1/14 特別展 古事記1300年 大須観音展
  2/2〜3/17 特別展 驚きの博物館コレクション −時を超え世界を駆ける好奇心−
名古屋ボストン美術館
684-0101
1/12〜5/6
  • ドラマチック大陸―風景画でたどるアメリカ
    (同時開催)すくいとられたカタチ FORMS IN FLUX
    ボストン美術館芸術大学×愛知県立芸術大学
古川美術館
763-1991
1/2〜3/3
  • 古川美術館新春企画展「美の旅路 〜海へ、山へ、そして異国へ…。画家が旅した美の世界〜」
    分館爲三郎記念館 季節のしつらえ
  3/30〜5/19
  • 古川美術館 特別展「松村公嗣(仮称)」
    分館爲三郎記念館 企画展「7つの旅」
徳川美術館
935-6262
1/4〜2/3
  • 企画展示 日本の神様大集合 徳川美術館へ初詣
  2/9〜4/7
  • 特別展 尾張徳川家の雛まつり
岡崎市美術博物館
0564-28-5000
11/3〜1/13
  • テーマ展 あいちトリエンナーレ地域展開事業連携企画
    光 陰 ―ひかり、かげ、とき―
  1/26〜3/24
  • 収蔵品展 暮らしのうつりかわり
豊田市美術館
0565-34-6610
1/12〜4/7 【企画展】黒田辰秋・田中信行−漆という力
【常設特別展】さわらないでください!?
【常設展】岸田劉生とその時代1910-1930
豊田市民芸館
0565-45-4039
12/11〜3/3
  • 【企画展】日本の絣(かすり)
刈谷市美術館
0566-23-1636
1/8〜2/24
  • 常設展 宇野亜喜良ポスター展
  2/26〜4/7
  • 常設展 水の表情
メナード美術館
0568-75-5787
12/4〜2/17
  • 開館25周年記念 コレクション名作展T 現代日本
  3/1〜4/14
  • 開館25周年記念 コレクション名作展II 秘められた美−古美術と版画
国際デザインセンター
4Fデザインギャラリー
4Fデザインミュージアム
265-2106
12/12〜1/6
  • IdcN設立20周年記念 伝えるデザインの力 ポーランドポスター'50-'60展
  1/4〜1/14
  • イケヤン★エキシビジョンリレーvol.2 穴山大輔展
  1/11〜11/17
  • IdcNコレクションシリーズvol.18 Color アメリカン・アール・デコの色と素材
  1/16〜1/28
  • イケヤン★エキシビジョンリレーvol.3 宮木英至展
  1/23〜1/28
  • 名古屋の伝統産業展示会「伝統」×「革新」
  1/30〜2/11
  • イケヤン★エキシビジョンリレーvol.4 栢野紀文展
  2/6〜2/11
  • デザイン・トリプレックス9 デザイン展[日本の空間デザイン賞](仮)
  2/13〜2/25
  • イケヤン★エキシビジョンリレーvol.5 石黒剛一郎展
松坂屋美術館
264−3611
12/15〜1/20
  • 生誕110周年記念 ウォルト・ディズニー展
  1/26〜2/3
  • 第57回 現代書道二十人展
  2/9〜3/10
  • 加賀赤絵展 魅惑の赤・煌めく金彩
碧南市
藤井達吉現代美術館

0566-48-6602
12/4〜1/14
  • 碧南が生んだ戦国武将 永井直勝とその一族
  1/22〜3/10
  • 富山県水墨美術館名品展 墨色の輝き
  3/19〜3/31
  • 第3回 碧南市民アンデパンダン展
高浜市やきものの里
かわら美術館

0566-52-3366
1/2〜1/27
  • 【企画展】愛知県陶磁器試験場設立70周年記念 日根野作三と陶磁器試験場のモダンデザイン展
  • 【企画展】新春の瓦展
  2/2〜3/17
  • −東日本大震災復興祈念− みちのくの瓦 東北と三州をつなぐもの
桑山美術館
 052-763-5188
1/8〜2/3
  • 新春展  漆の器 −その技と美−
大一美術館
 413-6777
10/30〜4/21
  • ガレ&ドーム テーブルウェアーと香水瓶展
    現代ガラス作品展
美術館等 [ 岐阜県 ]
岐阜県美術館
058-271-1313
1/22〜5/6 体感アート @県美.COM ケンビドットコム ―アボリジニからヌイプロジェクト、現代アートまで
岐阜県現代陶芸美術館
0572-28-3100
11/23〜5/6 小早川コレクション 麗しのマイセン人形
  1/12〜4/14 アジア・木と土にみる"みんぞくのかたち"
美術館等 [ 三重県 ]
三重県立美術館
0592-27-2100
1/4〜3/24
  • 三重県立美術館 開館30周年 コレクションの全貌展
美術館等 [ 新潟県 ]
新潟県立近代美術館
0258-28-4111
11/3〜1/14
  • GUN―新潟に前衛アバンギャルドがあった頃
  3/16〜5/8
  • 東京富士美術館所蔵 近代日本画の精華
美術館等 [ 長野県 ]
長野県信濃美術館
026-232-0052
1/3〜1/27
  • 松井康成展
  3/8〜3/11
  • 新収蔵作品展
SUWAガラスの里美術館
0266-57-2100
1/2〜1/6
  • 新春のクラフト作家展2013