中部デザイン協会ホームページ

○ 今月の写真
これは直径7センチ程度の石鹸を彫刻したもので「ソープカービング」と呼ばれるものです。元々タイ王国で食卓の飾りに使われた「フルーツカービング」から派生したものですが、自分で作ってみると集中力も要り、小面積に掘込む作業は、良い気分転換になります。タイの伝統模様も数多くありますが、私は薔薇などの花やオリジナルのデザインで、色々バリエーションを作りながら楽しんでいます。そのせいか、何かの柄を見た時「これはカービングに最適なデザイン!」などと思うようになり、物の見方もちょっぴり変わったかもしれません。

(Posted by 星田博子さん)

○ 中部デザイン協会では、会員の皆さんの作品展・展示会など、商用・個人を問わず、「会員からのお知らせ」に掲載します。ぜひご活用ください。
会員の皆さんがちょっと気になるデザイン、ご自分の作品など、こちらに掲載する写真・コメントを随時募集しています。ぜひお送りください。4月分掲載をまずはお待ちしています。
右記アドレス宛てにお送りください。

CDA理事長のつれづれ

モノの変遷2「電気カミソリ」

ヒゲを剃るのに安全剃刀(T字型)でないとだめだという男性がまだ多いことでしょう。しかし私は、社会人になって朝限られている時間の中で、ヒゲを剃るのはとても大変なので、電気カミソリを初めて買った。(1960年頃)
買ったのはVaan(ヴァン)というメーカーの電気カミソリです。Vaanにしたのは、Vaanが名古屋のメーカーであったこと、持ちやすい形状であること、回転刃による強力な剃り上がりを期待したからです。
Vaanを入手してからは、朝のヒゲ剃りは大幅に時間が短縮され快適であった。白と赤茶のツートンカラーは、当時としては新鮮で流行でもあった。メッキの回転刃部は、ネジ式であるので掃除するときは、戻せば簡単に外すことができる。また刃は、内側の押さえ金具を持ち上げると、ポロッと出てくるので掃除も簡単。


1.Vaan電気カミソリ


2.Vaan/本体とヘッド

3.Vaan/本体とヘッドパーツ

4.Vaan収納ケース

快適に使っていて、6年位経った頃モーターの力がなくなり、やがて回らなくなってしまった。どこも痛んでいないのに、なぜモーターが回らないのかを調べるため分解してみると、モーターのカーボンブラシが減ってしまっていたのが原因だったのです。これはこのブラシを変えれば済むことであったが、この時点でVaanは、残念ながら倒産していたのです。さてどうしようか思いついたのが、単一乾電池の中心にあるカーボン芯を使えばいいのではないかと考えた。そこで古くなった電池を分解して芯を取り出し、鉄ノコで必要なサイズに加工して、取り付けたらこれが上手く行った。しかし、3ヶ月位経つと又モーターが動かなくなった。分解してみるとハウジングの中が、真っ黒になっているのにビックリ、ブラシを見るとすり減ってしまっていた。電池のカーボンでは軟らかすぎ、粉末になって飛び散ってしまったのです。あさはかな素人考えであった。


5.Vaanの駆動部

そこで次の電気カミソリを買うならばブラウンと決めていた。ブラウンを初めて知ったのは、確か1964年(昭和39年)だと思うが、大阪国際見本市の会場であった。ここでのブラウンとの出合いは、衝撃的であった。すべてが白に統一されており、余分な装飾が一切ない、合わせてそれぞれのデザインがシンプルで、機能的で美しい。ミキサー、ジューサー、コーヒーミル、大型の調理器などの、家電製品類がステンレスパイプのアブストラクターに、展示されていた。もう私は、見とれて立ち竦んでしまった。
特に凄いと思ったのが、レコードプレーヤーSK4。本体が白の鋼板で出来ており正面に横縞のスリットがシャープに入り、両サイドを白木で仕上げている。この取り合わせは絶妙である。この端正な佇まいは、日本のデザインではないかと思ったほどで、ドイツで出来てなぜ日本で出来なかっただろうかと考えさせられ、デザインの落差を思い知った。


6.ブラウン製品シリーズ 

7.レコードプレーヤーSK4

この様なブラウンとの出合いが、躊躇なくブラウンの電気カミソリを選ぶ背景にすでにあった。購入したのはSM2型で、白いボディーに淡いグレーのヒゲ剃り部からなっている。長さ100、巾50、厚み30の直方体でとてもコンパクトである。角が大きなR形状であるので、手になじみとても持ち易い。半円形状のヒゲ剃り部は顔のどの部分にも対応できると共に、表刃の厚みが0.1mmと驚異的な薄さであるので、深剃りができて凄い。さらに特徴的な機能は、ビン毛を剃る刃が付いていることである。回転式ではこの機能は難しい。
薄い表刃と内刃との摩擦ですり減り、時に穴が空き使えなくなることがあるが、モーターの故障はほとんどない。ブラウンでは機種が生産ストップになっても表刃と内刃は、10年位は店頭で売られているので安心である。当時日本のメーカーで主要部品を店頭販売する認識はなかったので、その意味から販売の仕組も先進的であった。


8.ブラウンSM2


9.SM2/本体とヘッド部

10.SM2/本体とパーツ類

11.SM2/駆動部

気に入っていたSM2も駆動部の樹脂が一部破損したり、また表刃にも穴が空きだした、替え刃は生産中止になっているので新製品に換え時であった。そんな時に従兄が持っているブラウンと出会う、彼はもう動かないので捨てるというので、貰ったのがシンクロン・スタートである。スタートはSM2から14年後に発売されてだけあった機能的にも進化をとげている。形状もスリムでシャープになり、色も濃紺で男性を意識して重みを出している。外形を観てもどこも痛んでいないのに、なぜ動かないのかと思いヒゲ剃り部を外すと、ヒゲがいっぱいに詰まり内刃が動けなくなっていた。もうあきれてしまった。1時間も掛けて掃除をしたら、動く様になったが永年モーターに負荷がかかっていたために、力が弱く使い物にならなかった。コレクションとして残り今回の出番となった。


12.ブラウン/シンクロン・スタート

13.シンクロン・スタート本体とヘッド部

そこで購入したのが、Flex Control universal DXで、これは発売された時より欲しかったもので、やっと入手できた。(1991年頃)ボディーが全身ツヤ消メッキで被われていて、シャープでハイテックなデザインである。以前使用していたSM2やスマートと比べるとその差が歴然である。また機能的にも大きく進化を遂げている。まずヘッド部が首振りになっているので、複雑な肌に最適対応してくれる。さらにヘッドが2枚刃であるので、剃り上がりが早く剃り心地もよく、SM2に比べると格段に進化がみられる。また充電式であるので旅行にも便利である。少し長めのボディーの両面に、ゴムをロット状に成形して滑り止め機能を作ると共に、デザインを特徴付けている。
このFlex Controlの発売は1990年、私が購入したのが1991年頃であるので、今年で21年も使っていることになります。前のSM2も21年使ったのだから、いかにブラウンが長寿命かがお解りでしょう。しかしこのFlexも表刃がすでに生産中止になっているので、いずれ新しい物に換えなければならない。


14.ブラウン/Flex Control universal DX

15.DX/充電ホルダー

16.DX/本体とヘッド


17.DX/本体とパーツ

18.DX/収納ケース

19.DX/パッケージ

家電店で時々カミソリコーナーに寄りカタログを持ち帰ってくるが、どうも買う気が起らない。店頭には、BRAUN. Panasonic. PHILIPS. HITACHI. IZUMIの4社が並んでいるが、いずれも同じに見えてしまうからです。


20.BRAUN  21. Panasonic  22.PHILIPS  23.HITACHI  24.IZUMI

過去ブラウンのデザインを統括してきたデザイン部長のデーター・ラムス(Dieter Rams)はブラウンのデザインポリシーを「ブラウンのデザインは、できるだけ少ないデザインをすること」と述べている。また「ブラウン社の顔そのデザインポリシー」の図録に寄稿している勝見勝氏は「必要にして充分な条件」とブラウン社を評価している。
この様に、しっかりしたデザインポリシーを持って商品開発をしてきた、ブラウンがなぜ日本のメーカーと見分けがつかないデザインになってしまったのであろうかが、私にとって大きな疑問になっていた。WEBで調べると1984年にジレットの子会社になり、さらに2005年に米国のP&Gにジレットが吸収合併されている事実が解り、私の疑問が解けた。この企業の傘下では、私が望むブラウンデザインは残念ながら生まれないことを理解した。
店頭に並んでいる中で、フィリプスの開発姿勢の有り様が気になった。フィリプス以外はすべて、振動式かローラー方式による横型形状であるが、フィリプスは一貫して一番オーソドックスな回転式を採用して、進化をさせている。回転式では、ビン剃り機能は難しいと思っていたが、それも見事に解決して商品力を高めているのです。日本には、この様に頑固で自説を曲げずに造り続けている企業は見当たらない。


25.PHILIPS/Senso Touch 3D

しかし、ブラウンデザインが終った訳ではなく、データー・ラモス及びその前に関わったマックス・ビルやハンス・グジュロらによって創り上げられた、ブラウンイズムは私を含め世界のデザイナー達に、デザインDNAとして受け継がれているものと信じている。


(著 中部デザイン協会 理事長 舟橋 辰朗 2012/04/30)

参考図書
グレート・デザイン物語 Jay・Doblin  訳 金子至、岡田朋二、村松英男  丸善
現代デザインの水脈:ウルム造形大学展図録 編集:武蔵野美術大学出版編集室
ブラウン社の顔 そのデザインポリシー図録 ブラウン エレクトリック ジャパン(株)

追記
理事長のつれづれもこの5月でまる4年になりました。我ながらよく続いたものと思います。最初は気楽に書いていたが、年々テーマが専門的になりすぎたり、舟橋流の視点になりすぎて、もう少し広い視野からのつれづれが必要と感じ始めると共に、本音はしんどくなって来ていることもあって、この5月を持って理事長につれづれは終了することにしました。新たに15人の理事によるつれづれにいたします。それぞれに経験豊かな理事の皆さんです。私とは違う視点の新たなつれづれがお楽しみいただけます。まず最初は副理事長の森本健さんから始めて行きます。乞うご期待下さい。


美術館・ギャラリー情報の内容は保障できかねますので、お出かけの際は、展示期間・内容を各施設にご確認ください。

CDA法人会員
セントラル・
アートギャラリー
052-951-8998
5/1〜5/6 第2回 朝一のスケッチ散歩教室展
  5/15〜5/20 タイムカードギャラリー22「音」-Sound、何が聞こえますか?-
  5/29〜6/1 パンパステル展(仮)
  6/5〜6/10 大同大学展示会(仮)
美術館等 [ 愛知県 ]
愛知県美術館
971-5511
4/13〜6/24 魔術/美術−幻視の技術と内なる異界(所蔵作品展)
  7/13〜9/9 開館20周年記念 マックス・エルンスト−フィギュア×スケープ
名古屋市美術館
212-0001
4/7〜5/20
  • いのちの煌めき 田渕俊夫展
  6/2〜7/16 ポジション2012名古屋発現代美術 〜この場所から見る世界
  7/28〜9/30 大エルミタージュ美術館展 〜世紀の顔 西欧絵画の400年
名古屋市博物館
853-2655
4/28〜6/10
  • 尾張氏☆志段味古墳群をときあかす
  7/7〜9/2 マリー・アントワネット物語展
  9/29〜11/11 名古屋市博物館開館35周年記念 特別展 芭蕉−広がる世界、深まる心−
古川美術館
763-1991
3/10〜5/6
  • 【古川美術館 企画展 】「花鳥〜美の世界〜」
  • 【分館爲三郎記念館】「春季公開」
  5/19〜7/16
  • 【古川美術館 特別展 】ジュディ・オング倩玉×竹田耕三「愛・逢・藍〜ジュディが刻み、耕三が絞るそれぞれの風景」
    【分館爲三郎記念館】竹田耕三の有松絞りの世界
徳川美術館
935-6262
4/14〜5/27
  • 新館開館25周年・徳川園開園80周年記念 春季特別展 豪商のたしなみ―岡谷コレクション―
  6/2〜7/22
  • 企画展示 器といれもの 大名道具の用と美
  7/28〜9/2
  • 企画展示 江戸絵画ふしぎ探検
名都美術館
0561-62-8884
CDA会員特典有
3/17〜5/27
  • 【特別展】名都美術館開館25周年記念 日本画に描かれた動物たち
  6/12〜7/22
  • 名都美術館コレクション&併設企画展
杉本美術館
0569-88-5171
CDA会員特典有
4/19〜9/18
  • 新・平家物語〜さし絵の世界〜
大一美術館
 413-6777
4/24〜10/28
  • オーギュスト・ドーム生誕160周年 アール・ヌーヴォーからアール・デコへ ドーム ガラス作品展
    大一美術館 開館15周年記念 ピエール・オーギュスト・ルノワール 絵画二作品
桑山美術館
 052-763-5188
4/7〜7/8
  • 所蔵日本画展 水墨画の魅力 〜墨色へのトキメキ〜
岡崎市美術博物館
0564-28-5000
4/7〜6/24
  • マンチェスター大学ウィットワース美術館所蔵 巨匠たちの英国水彩画展 〜ターナーからブレイク、ミレイまで〜
  7/7〜8/19
  • 岡崎市旧本多忠次邸復元記念 徳川四天王本多忠勝と子孫たち ―岡崎藩主への軌跡―
  9/1〜10/21
  • 企画展  水野美術館名品展 近代日本画美の系譜
豊田市美術館
0565-34-6610
4/14〜6/17
  • ジェームズ・アンソール ―写実と幻想の系譜―
  6/30〜9/23
  • カルペ・ディエム 花として、今日を生きる
  7/14〜8/15
  • 小沢剛 あなたが誰かを好きなように、誰もが誰かを好き
豊田市民芸館
0565-45-4039
3/13〜5/27
  • 【企画展】名誉市民 本多静雄コレクション-新収集資料展I-
  6/5〜9/2
  • 【企画展】伊万里のそば猪口−北出コレクション−
刈谷市美術館
0566-23-1636
4/21〜6/3
  • 加藤久仁生展
  6/9〜7/15
  • 常設展第I期 New Collection 新収蔵作品を公開!
  7/21〜9/2
  • 太田幸夫の絵文字デザイン展
名古屋ボストン美術館
684-0101
3/17〜5/27
  • What's Icon of Style? 時代を彩るファッション −オードリー・ヘップバーン、ダイアナ妃、マドンナ−
  6/23〜9/17
  • ボストン美術館 日本美術の至宝(前期)
  9/29〜12/9
  • ボストン美術館 日本美術の至宝(後期)
メナード美術館
0568-75-5787
4/7〜6/17
  • 開館25周年記念 田渕俊夫展 - 技のひみつ
  6/29〜9/2
  • なつやすみ 所蔵企画展 サーカス
  9/15〜11/25
  • 開館25周年記念 特別企画展 舟越桂
国際デザインセンター
4Fデザインギャラリー
4Fデザインミュージアム
265-2106
6/6〜6/7
  • 山中・漆うつわ会+1展VOL.8(仮)
  6/13〜6/18
  • X4 DESIGN DAIDO UNIVERSITY REALY EXHIBITION
  6/20〜6/25
  • GRAPHIC VISION 2012 名古屋造形大学グラフィックデザインコース3年次作品展
松坂屋美術館
264−3611
4/28〜5/22
  • 生誕250周年記念 葛飾北斎美術館所蔵 北斎展
  5/26〜6/3
  • 第47回 日春展
  6/6〜6/12
  • 第34回 日本新工芸展
  6/16〜7/22
  • 京都・清水寺成就院奉納襖絵 風の画家 中島潔が描く「生命の無常と輝き」展
高浜市やきものの里
かわら美術館

0566-52-3366
4/7〜6/3
  • パリから凱旋!63人の日本人作家による自由で純粋な創造から生まれた芸術 アール・ブリュット・ジャポネ
  6/9〜7/8
  • 瓦にみる歴史の舞台
    JAGDA愛知展 カワラで鬼ごっこ
  6/9〜7/1
  • 日中国交正常化40周年記念事業 私の八月十五日展  〜漫画家・作家たちの絵手紙
  7/14〜9/9
  • 愛と正義と勇気をうたう やなせたかしの世界展
美術館等 [ 岐阜県 ]
岐阜県美術館
058-271-1313
4/5〜5/13 【所蔵品展示】リニューアルオープン記念 三幕の物語 第三幕:ルドン氏が見た夢
  6/2〜6/24
  • 第66回岐阜県美術展
  7/13〜8/26 開館30周年記念 象徴派−夢幻美の使徒たち
  9/5〜10/28 開館30周年記念 マルク・シャガール −愛をめぐる追想
岐阜県現代陶芸美術館
0572-28-3100
4/21〜8/19
  • 2012 春展
  〜7/1 井田照一展 −土に挑む−
  9/1〜11/11 MINO CERAMICS NOW Part2
  8/4〜12/24 岐阜県ゆかりの人間国宝 −美濃陶芸の系譜−
美術館等 [ 三重県 ]
三重県立美術館
0592-27-2100
4/7〜5/20
  • 受贈記念 榊莫山展
  6/2〜7/8
  • 開館30周年記念 蕭白ショック!! 曾我蕭白と京の画家たち
  7/18〜8/19
  • 子ども美術館 Part 8 「かわいいってなんだろう?」
美術館等 [ 新潟県 ]
新潟県立近代美術館
0258-28-4111
4/27〜6/3
  • 時代を駆けるデザイン 亀倉雄策賞の作家たち
  7/3〜8/5
  • 地上の天宮 北京・故宮博物院展
  8/14〜9/2
  • 水の記憶:吉原悠博映像プロジェクト
美術館等 [ 長野県 ]
長野県信濃美術館
026-232-0052
4/14〜5/27
  • 堀文子展 命の不思議
  6/7〜7/8
  • 没後15年 池田満寿夫の版画
  7/14〜8/26
  • 大正ロマン昭和モダン展 竹久夢二・高畠華宵とその時代
  9/22〜11/4
  • アートディレクター・太田英茂の仕事
 東山魁夷館 3/29〜5/22
  • 春への誘い
  5/24〜7/24
  • 初夏の予感
  7/26〜9/25
  • 夏の訪れ、秋への想い
  9/27〜11/27
  • 旅の季節
北澤美術館
0266-58-6000
北澤美術館新館
0266-57-2100
3/8〜5/22
  • 【北澤美術館 本館】「エミール・ガレと竜の世界」