中部デザイン協会ホームページ

○ 中部デザイン協会では、会員の皆さんの作品展・展示会など、商用・個人を問わず、「会員からのお知らせ」に掲載します。ぜひご活用ください。
会員の皆さんがちょっと気になるデザイン、ご自分の作品など、こちらに掲載する写真・コメントを随時募集しています。ぜひお送りください。4月分掲載をまずはお待ちしています。
右記アドレス宛てにお送りください。

CDA理事長のつれづれ

アノニマスデザイン7「しょう油タレ容器」

10数年前、東京へ出張した帰りシュウマイ弁当を買った。蓋を取ると陶器のしょう油タレ容器が、チョコンと座っていた。ポリエチレンのタレ容器に慣れていた私には、驚きであり、新鮮であった。少しひょうたん型をした容器に、コーヒーを飲む女性が描かれていてとても可愛い、また栓も本物のコルクが使われて上等すぎる。食べ終っても見とれてしまい、どこの弁当か包装紙を見ると崎陽軒とあった。これは、硯の水差しに丁度いいと思い、捨てずにとっておいた。その後、東京には何10回も出張しているが、不思議とこのシュウマイ弁当を買うことがなかったので、すっかり忘れていた。昨年の春新聞に、この陶器しょう油タレ容器が瀬戸で作っている記事が、カラー刷りで出ているのを見てハッと思い出した。
崎陽軒をHPで調べると、昭和30年代にひょうたん型のしょう油入れに、漫画家横山隆一がイラストを描き、自ら「ひょうちゃん」と名付けたのが始まりとあり、私の持っているしょう油入れは2代目で、昭和36年に登場したものであった。平成8年に栓がコルクからゴム製になったので、私のものは少なくとも16年以上前のものである、チョットしたレアーものになっている。この「ひょうちゃん」は生れも育ちも分かっているので、アノニマスデザインではありません。(写真1)


1.崎陽軒のひょうちゃん

しかしこの「ひょうちゃん」記事からコンビニ弁当や仕出し弁当に、常に入っているポリエチレン製のしょう油タレ容器が気になり、集めだすといろいろな種類があることが分かってきた。サイズ、種類によって内容物が使い分けられている。まず基本は、ビン型の小タイプでしょう油、ソース使用。(写真2)ビン型の中タイプはしょう油、ソースに加えつゆ入れとしても使用されている。(写真3)特に楽しいのが魚型で、鯛らしき魚の口にキャップがチョコンとくっ付いている姿は何とも面白い。この魚型は、さしみや寿司用だから主にしょう油、魚型の平たい形が寿司にチョンチョンとしょう油を付けるのに丁度いいのです。(写真4)トンカツや揚げ物にはブタ型のソース入れ。少し太チョの体に目や耳があり、後ろにはシッポまで付いている、そのリアルなこだわりは何ともコッケイだ。(写真5)ある時うなぎ弁当を買ったら、広口で角型のタレ容器が入っていた。ドロッとしたタレを入れるのにも、出すのにも口が大きい方が都合がいい。タレは1度に全部かけず、必要に応じてかけて行くので、安定して立てて置くには角型がいい。(写真6)


2.ビン型小

3.ビン型中

4.魚型


5.ブタ型

6.角型

昨年、韓国の済州デザイン協会とデザイン交流を行ったその帰り、コーリアンエアーで軽食が出た。その中にソバがあってそれに使うつゆ容器がそえられていた。しかしその形は、今までに見たこともないネジリ形であった。やあ〜韓国でも使っているのだと、何か発見したような気分であった。しかし、よく視るとローマ字でKIKKOMANと入っているのです、なんだ日本製かと今度はガッカリとした。(写真7)
これらのしょう油タレ容器のブロー成形は、けっして質の高いものではありません。しかし強く押さえても、内容物が漏れないのです。なぜだろうとキャップの内側を見ると中心に凸起が出ているのです。そのキャップを切ると、凸起は三角錐になっており、キャップを締めていくと、キャップの内側と凸起の両方で、口部を締め付けて行く構造になっていた。これは単純で一番最適な方法であるので、納得をした。(写真8)


7.KIKKOMANつゆ容器

8.キャップ構造

以上数種にわたってしょう油タレ容器について述べてきたが、それはしょう油タレ容器がアノニマス中のアノニマスとだと思い込んでいたからです。しかし他にいろいろな種類があるのではないかと思い、WEBで検索をした。
驚くなかれ、これらの容器は「ランチャーム」という商品名で、WEB食品関連ショップで売られているのです。「ランチャーム」の基をたどると、株式会社旭創業にぶつかった。HPにランチャーム誕生ストーリーが記されていた。それを見ると、創業者の渡辺輝夫氏が昭和29年、これからはポリエチレンの時代になるとひらめき、商品化に着手。昭和32年容器の開発と共に、充填機械も失敗の繰り返しの末完成したとある。またこのランチャームを百貨店に出すと評判になり、瞬く間に全国から注文が殺到したともある。
55年も前に開発されていたとは、夢にも思わなかった。何とはない、私が一生懸命集めたものすべて旭創業製であった。商品アイテムを見ると、ランチャームボトルタイプ(ブタ、ひょうたんを含む)36種、魚型32種、金色タイプ5種、さらに点字タイプも6種あり、79種もの広範な商品を網羅して他社の追随を許さない。また意匠登録も行われており、かつ「ランチャーム」がこれらの商品の代名詞にまでなっていることで、残念ながらアノニマスデザインではありませんでした。


9.ビン型アイテム

10.魚型アイテム

11.角型アイテム

しかしこれらのデザインはどこにもあるような、誰もが考えられるようなデザインです。そうですランチャームに求められているのはけっしてカッコウイイデザインではありません、普通のデザインこそが重要なのです。それはどの様な弁当にも合い、誰にも抵抗無く存在し、弁当を食べ終わると共に、しょう油タレ容器も消費されて行くための「かたち」だからです。しかしその「かたち」はアノニマス性を象徴している。


(著 中部デザイン協会 理事長 舟橋 辰朗 2012/02/25)

美術館・ギャラリー情報の内容は保障できかねますので、お出かけの際は、展示期間・内容を各施設にご確認ください。

CDA関連・会員参加
CDA主催 3/10 愛知県産業デザイン講座&第30回cda会員デザインプレゼンテーション:愛知芸術文化センター12F E/F室(会員発表・参加)
CDA主催 3/5〜3/16 愛知県デザインセンター収蔵品展「ドイツの名窯から」
美術館等 [ 愛知県 ]
愛知県美術館
 971-5511
2/3〜3/25
  • うつし、うつくし (所蔵作品展)
  4/13〜6/24 魔術/美術−幻視の技術と内なる異界(所蔵作品展)
名古屋市美術館
212-0001
2/11〜3/25
  • ベン・シャーン展
名古屋市博物館
853-2655
12/22〜3/4
  • 特別展 世界遺産 ヴェネツィア展 〜魅惑の芸術・千年の都〜
古川美術館
763-1991
3/10〜5/6
  • 【古川美術館 企画展 】「花鳥〜美の世界〜」
  • 【分館爲三郎記念館】「春季公開」
徳川美術館
935-6262
2/11〜4/8
  • 特別展 尾張徳川家の雛まつり
  2/25〜3/4
  • 特別公開 千利休 泪の茶杓
  4/14〜5/27
  • 新館開館25周年・徳川園開園80周年記念 春季特別展 豪商のたしなみ―岡谷コレクション―
  6/2〜7/22
  • 企画展示 器といれもの 大名道具の用と美
名都美術館
0561-62-8884
CDA会員特典有
1/17〜3/4
  • 【特別展】名都美術館開館25周年記念 美しき生命(いのち)の輝き 堀 文子展
杉本美術館
0569-88-5171
CDA会員特典有
1/1〜4/17
  • 塔のある風景
  • 【同時開催・特別企画展】雪景色
   
  • 新・平家物語〜さし絵の世界〜
大一美術館
 413-6777
10/25〜4/22
  • 【企画展】アール・ヌーヴォーに見るジャポニスム展
    【特別展示】作品名:冨嶽三十六景 凱風快晴(1830年代) 作者:葛飾北斎
桑山美術館
 052-763-5188
4/7〜7/8
  • 所蔵日本画展 水墨画の魅力 〜墨色へのトキメキ〜
岡崎市美術博物館
0564-28-5000
2/11〜3/25
  • 宗廣コレクション 芹沢_介展 ―手仕事を愛でる―ある染織家の渾身の蒐集
  4/7〜6/24
  • マンチェスター大学ウィットワース美術館所蔵 巨匠たちの英国水彩画展 〜ターナーからブレイク、ミレイまで〜
豊田市美術館
0565-34-6610
1/7〜4/8
  • 【企画展】山本糾
  1/7〜3/25
  • 【常設特別展】見えるもの/見えないもの
  4/14〜6/17
  • ジェームズ・アンソール ―写実と幻想の系譜―
豊田市民芸館
0565-45-4039
12/13〜3/4
  • 【企画展】民窯-無名の職人とその仕事−
  3/13〜5/27
  • 【企画展】名誉市民 本多静雄コレクション-新収集資料展I-
刈谷市美術館
0566-23-1636
2/21〜4/8
  • カリヤ美術しょくぶつ園
名古屋ボストン美術館
684-0101
3/17〜5/27
  • What's Icon of Style? 時代を彩るファッション −オードリー・ヘップバーン、ダイアナ妃、マドンナ−
  6/23〜9/17
  • ボストン美術館 日本美術の至宝(前期)
  9/29〜12/9
  • ボストン美術館 日本美術の至宝(後期)
メナード美術館
0568-75-5787
1/2〜4/1
  • 所蔵企画展ひかり 絵画にみる光の表現
  4/7〜6/17
  • 開館25周年記念 田渕俊夫展 - 技のひみつ
  6/29〜9/2
  • なつやすみ 所蔵企画展 サーカス
国際デザインセンター
4Fデザインギャラリー
4Fデザインミュージアム
265-2106
2/29〜3/5
  • JAGDA新人賞展2011 大黒大悟・高田唯・天宅正
  3/8〜3/11
  • 建築コンクール作品展ー建築の可能性を探るー
  3/21〜3/26
  • 東日本大震災から1年 早期復興を祈る隣国からのメッセージ 千年の記憶 生命(いのち)の音 SUH JEONG MIN現代美術展(友情展示:矢野きよ実の書と震災被災地の子供たちの書)
  3/28〜4/2
  • 第6回CCDOデザインアオード2011 受賞者発表展
松坂屋美術館
264−3611
3/3〜4/8
  • スタジオジブリ所蔵 メアリー・ブレア原画展 人生の選択、母のしごと。
  4/4〜4/22
  • 第67回 春の院展
  4/28〜5/22
  • 生誕250周年記念 葛飾北斎美術館所蔵 北斎展
  5/26〜6/3
  • 第47回 日春展
高浜市やきものの里
かわら美術館

0566-52-3366
2/18〜3/25
  • 第21回日本陶芸展
  4/7〜6/3
  • パリから凱旋!63人の日本人作家による自由で純粋な創造から生まれた芸術 アール・ブリュット・ジャポネ
美術館等 [ 岐阜県 ]
岐阜県美術館
058-271-1313
1/11〜5/13 【所蔵品展示】リニューアルオープン記念 三幕の物語
第一幕:メセナが育む未来への遺産 田口コレクション、安藤基金コレクション 第二幕:郷土作家逍遥 第三幕:ルドン氏が見た夢
  2/10〜3/4
  • 【企画展】第6回円空大賞展
岐阜県現代陶芸美術館
0572-28-3100
12/10〜3/25
  • 岐阜県陶磁器試験場の100年展 人間国宝 加藤土師萌・加藤孝造を輩出した試験研究機関のあゆみ
  4/21〜8/19
  • 2012 春展
美術館等 [ 三重県 ]
三重県立美術館
0592-27-2100
2/4〜3/25
  • コレクション展 エトランジェ−異国への眼差し
  4/7〜5/20
  • 受贈記念 榊莫山展
美術館等 [ 新潟県 ]
新潟県立近代美術館
0258-28-4111
2/28〜4/15
  • びじゅつのあそびば
美術館等 [ 長野県 ]
長野県信濃美術館
026-232-0052
3/9〜3/25
  • 新収蔵作品展
 東山魁夷館 2/23〜3/27
  • VI 麗しの大和 (3月)
北澤美術館
0266-58-6000
北澤美術館新館
0266-57-2100
清里北澤美術館
0551-48-5000
12/9〜4/10
  • 【北澤美術館 新館】「パート・ドーヴェールの世界」−アール・ヌーヴォー期によみがえった奇跡の技法−