• 平成23年度がスタートし、総会・懇親会が6月18日(土)に行われる予定です。後日案内を郵送いたしますので、会員の皆様、全員出席をよろしくお願いします。
中部デザイン協会ホームページ
○ 今月の写真
東山魁夷画伯が「緑響く」という絵の題材にしたことで知られる御射鹿池(みしゃがいけ)は、茅野市街から奥蓼科温泉郷へと至る「湯みち街道」沿いにあります。新緑のころ訪れるとまさに絵の世界へ吸いこまれるような気持ちにさえなります。1972年東山画伯は、唐招提寺御影堂障壁画制作で頭がいっぱいでそれ以外の制作に向かう気持ちの動きが空白ともいえる状態でしたが、突然緑一色の風景の中に白い馬が小さく姿を現し、針葉樹の繁る池畔を右から左へと歩いて行って、まもなく視界から消え去る幻影が浮かんだそうです。「緑響く」は、奏でられる階律の調和が美しく、自然界のリズミカルな「繰り返し」とアクセントである「変化」を表現しています。白馬は、全身に自然の息吹を浴び、生き生きと輝いています。東山画伯は、自分の姿を風景の中に感じ取っていたのではないでしょうか。豊かな自然溢れる奥蓼科は、日々のせわしなさを忘れられ、緑深い風景は心を清らかにさせてくれます。きれいな空気、水、そして緑・・・地球規模であらためて考えたいものです。
(Posted by 高梨ゆかりさん)
○ 中部デザイン協会では、会員の皆さんの作品展・展示会など、商用・個人を問わず、「会員からのお知らせ」に掲載します。ぜひご活用ください。また、デザインコンペにつきましても掲載いたします。
右記アドレス宛てにお送りください。

CDA理事長のつれづれ

法律ができると新しい形態を生む

名古屋市内の中心部には、薄緑色の制服を着たオジさんが、自転車や徒歩でくまなく駐車違反を取り締まっている。チョットした用事でも路上に止められない。5分位の用事のため駐車場に入れることも無いと思って戻ると、もう緑のオジ様に取り巻かれている。今では、薄緑色の制服を見ると恐怖さえ覚える。この制服の色を決める時、随分議論して刺激の少ない薄緑色にしたのであろうが、残念ながらその優しい色が恐れの色になってしまうのは、何という因果か。
緑のオジさんのことを正確に確認するために、北警察署を尋ねた。対応してくれたのは、ガッチリとした年配の警察官であった。
道路交通法は平成18年に改正され、放置違反金制度として民間に委託された。私が、緑のオジさんと言っていた担当官は「駐車監視官」という名前であることが解った。また駐車監視官の仕事は駐車違反を取り締るだけで、その後の処理は警察で行うことも解った。私は監視官が随分多いですねと問うと、彼は多くないですよ!北署では2人1組で4組、8人だと説明。しかし私は、頻繁に見掛けますよと投げかけると、そうですかと笑って受け流された。
この制度ができて、いち早く反応したのがコインパーキング業。丁度タイミングよくバブルが弾けて、市内には多くの空地ができていた。この制度で空地は軒並みコインパーキング化していった。


1 駐車監視官

2 林立するコインパーキング

次が宅配業で、道路を仕事場にしているから大問題であったであろう。しかし宅配大手のヤマト宅急便では、プラットホーム方式を取り入れ対応した。地区拠点まで車で搬送し、その後はリヤカーと台車による人力で配達する仕組みを考えだした。
リヤカーは懐かしいですね、我家にも数年前まであったが使わないので、処分をした。農家では必需品で、どこの家にも必ず1台はあったが、今では見掛けることがない。それは軽トラックの出現で、出番が無くなってしまったのです。唯一見掛けるのが、小中学校の廃品回収の時ぐらい。懐かしいリヤカーを、知り合いから写させて貰った。


3 リヤカー前面

4 リヤカー後面

それが今、街中をリヤカーがスイスイと走っているから驚きです。このリヤカーを引張っているのが、電動アシスト自転車だから快適である。ヤマトの拠点所で話を聞くと、リヤカーの導入は道路交通法改正後からで、目的は当然ながら駐禁対応。リヤカーは約500m四方の配達に使用、また台車は300m位の近距離に使用して、使い分けているとのこと。リヤカーの荷箱の材料は、極力軽くするためにプラスチィク段ボールを使用しており、配達者の負担を軽減すると共に、低コスト化を図っている。


5 ヤマト宅配リヤカー

6 アシスト自転車

7 荷箱の開口部
 

もう1社よく見掛けるのがecoHAIで、名前の意味が解らないのでネットで調べると、(株)エコ配という社名であった。平成18年に道路交通法ができて、その1年後平成19年に創業したのだから、すごい商機を活かしたものだ!事業は社名のとおりエコ宣言して、リヤカーやEV車で主に企業向けの配送ビジネスを行っている。エコ配の荷台はFRP製でシンプルにデザインされており、ヤマト同様蓋付きであるので防雨や防犯に役立つ。


8 エコ配リヤカー

9 荷箱の詳細

10 荷箱の開口部
 

リヤカー以上に活躍しているのが「台車」による配送である。一般に数の多い荷物や重い物を移動するのに使用されている、例えば酒類、米、粉類などである。しかし宅配は、大小さまざまな荷物だから、台車に荷箱を載せて配送するアイデアが生まれる。また荷物が大きかったり、重い時は荷箱を外して台そのままを使う。台車と荷箱はマッジックテープで固定してあるだけだから、即対応ができる。
ヤマトと競合の佐川急便は、リヤカーを使用せず台車中心である。佐川は荷箱にプラ板を採用して、より丈夫な荷箱を造り上げている。さらに機能的なのが、より多く運べるように荷物をベルトで固定する装置が工夫されていることである。佐川に取って配送は、走って行うことが基本であるので、台車と云えども走って配送しなければならない。そのために荷物を固定する必要があり、ベルトで固定する装置が考案された。


11 段ボール箱の積荷

12 ビヤ樽や飲料水類

13 ヤマトの箱台車

14 荷箱のプラ段

15 普通の台車として

16 佐川の箱台車

17 固定ベルト

18 ベルト固定装置

また以前から朝時々見かけて気になっていたのが、女性が押している赤いグリコの台車である。しかし一般の台車ではなく、専用に造られたカートである。ある朝そのカートをみつける、追いかけて忙しいところ話を伺うと、グリコの菓子いずれも100円の商品をオフィスに置き菓子として、配るというのです。ええっ?と私が理解できないでいると、女性は富山の置薬箱とヤクルト配達の中間のようなものですと、答えが返ってきた。


19 グリコカート

なるほど、新しいビジネスだ!これは「人力」だから成立するのだと思った。新道路交通法が施行されてから、新たに見直されてきたのは「徒歩」や「自転車」など「人力」による仕事の見直し、すなわち「原点」への回帰であろうか。
さらに東関東大震災により電力やエネルギー不足は深刻な問題だ、そこで必要な構えが「人力」だ。この人力は日々鍛えておかなければ役には立たない。
どうか皆様有事ために「人力」の備えを!


(著 中部デザイン協会 理事長 舟橋 辰朗 2011/04/26)

美術館・ギャラリー情報の内容は保障できかねますので、お出かけの際は、展示期間・内容を各施設にご確認ください。

CDA関連・会員参加
CDA関連 6/18
  • CDA総会(愛知県芸術文化センター)・懇親会(未定)
会員参加 5/5〜5/11
  • バード・アニマル展2011(丸善ギャラリー)
美術館等 [ 愛知県 ]
愛知県美術館
 971-5511
4/29〜6/12
  • 麻生三郎展
  7/8〜9/4
  • プーシキン美術館 フランス絵画300年
  9/16〜10/30
  • 島田章三展
  11/11〜1/22
  • 生誕100年 ジャクソン・ポロック展
名古屋市美術館
212-0001
4/23〜6/12
  • 【特別展】写真家・東松照明 全仕事
  6/25〜9/4
  • レンブラント 光の探求/闇の誘惑
名古屋市博物館
853-2655
4/16〜6/26
  • 特別展「古代メキシコ・オルメカ文明展 マヤへの道」
  7/16〜8/28
  • 仁王像修復記念 甚目寺観音展
  10/22〜12/4
  • 狂言共同社結成120周年記念 特別展 狂言でござる−狂言共同社と尾張の狂言
古川美術館
763-1991
4/29〜7/3
  • 【古川美術館 開館20周年記念特別展 】「鬼頭鍋三郎 サンサシオンから鬼頭舞妓まで」
  • 【分館爲三郎記念館】爲三郎記念館 特別展「鳥羽(とば)美(み)花(か)展〜黎明(れいめい)への旅」
  7/16〜7/17
  • 【古川美術館 】【分館爲三郎記念館】第15回こども絵画コンクール
  7/23〜9/25
  • 【古川美術館 企画展 】「鑑賞の愉しみ」
  • 【分館爲三郎記念館 夏季特別公開】「根付の楽しみ〜掌の小宇宙〜」
  10/15〜12/18
  • 【古川美術館 開館20周年記念特別展 】「名品の彩り 古川美術館の20年」
  • 【分館爲三郎記念館 特別公開】「作家たちの古今〜20年の歩み」
徳川美術館
935-6262
4/9〜5/22
  • 春季特別展 宮廷の雅 -有栖川宮家から高松宮家へ-
  5/28〜7/24
  • 企画展示 徳川美術館の名陶で楽しむ やきものの色とかたち .
  7/30〜9/19
  • 企画展示 徳川の姫君
  9/23〜11/6
  • 秋季特別展 宮廷の雅 -有栖川宮家から高松宮家へ-
  11/12〜12/11
  • 企画展示 国宝 源氏物語絵巻に挑む -東京藝術大学 現状模写-
名都美術館
0561-62-8884
CDA会員特典有
1/12〜2/27
  • ※2/28-6/6(予定)まで館内改修のため休館
杉本美術館
0569-88-5171
4/21〜9/20
  • 杉本健吉が描いた「牡丹」
  • 特別企画「興福寺と阿修羅」
大一美術館
 413-6777
10/26〜4/24
  • ガレ・ドームを中心に アール・ヌーヴォー&アール・デコ ガラス展
桑山美術館
 052-763-5188
4/5〜7/3
  • 開館30周年記念 所蔵絵画リクエスト展 あなたが選ぶ桑山美術館ベスト30
  9/6〜12/4
  • 開館30周年記念 「茶道具特別展 〜『桑山美術館所蔵品選』より〜」
岡崎市美術博物館
0564-28-5000
4/9〜5/22
  • 【特別企画展】桃源万歳−東アジア理想郷の系譜−
  6/4〜7/31
  • 【収蔵品展】くらしと戦争 ―昭和 戦争の記録―
  8/6〜9/25
  • 収蔵品展 名品コレクション100選展(仮称)
  10/8〜11/20
  • テーマ展 浄土宗寺院の名宝展(仮称)
豊田市美術館
0565-34-6610
4/9〜5/29
  • 【常設特別展】Play / Pray あそぶ美術、おもう美術
  6/11〜8/28
  • 【企画展】フェルメール《地理学者》とオランダ・フレンドル絵画展
  • 【常設特別展】松井紫朗
  9/17〜12/25
  • 【企画展】小川待子−生まれたての〈うつわ〉
  • 【常設特別展】新・陶・宣言
豊田市民芸館
0565-45-4039
3/1〜5/29
  • 【企画展】お祝いの民芸品
  6/7〜9/4
  • 【企画展】(仮)手仕事の日本−日本民藝館展収集資料から−
刈谷市美術館
0566-23-1636
4/16〜5/29
  • 【企画展】魅惑のモダニスト 蕗谷虹児展
  6/7〜7/10
  • 【常設展】New Collections
  7/16〜8/28
  • 【企画展】安野光雅の絵本展
  9/3〜10/2
  • 【常設展】没後10年 上原欽二展
  10/3〜1/10
  • 臨時休館
  1/11〜2/19
  • 【常設展】絵本原画展
名古屋ボストン美術館
684-0101
4/23〜8/28
  • ジム・ダイン―主題と変奏:版画制作の半世紀
  9/17〜2/12
  • 恋する静物−静物画の世界
メナード美術館
0568-75-5787
4/26〜6/19
  • 特別企画展 吉田善彦・林功 -受け継がれる日本画の美
  6/28〜9/4
  • 所蔵企画展  夏
  9/15〜12/23
  • メナード美術館コレクション名作展
国際デザインセンター
4Fデザインギャラリー
4Fデザインミュージアム
265-2106
3/30〜5/15
  • IdcNデザインミュージアム・コレクションシリーズvol.16「モダン・レディ」アメリカ・ビューティビジネスの幕開け
松坂屋美術館
264−3611
4/27〜5/17
  • 松坂屋美術館開館20周年記念 いわさきちひろ展
  5/21〜5/29
  • 第46回 日春展 (日展 日本画部春季展)
  6/1〜6/7
  • 第33回 日本新工芸展
  6/11〜7/3
  • 誕生110年記念 荻須高徳展 憧れのパリ・煌めきのベネチア
高浜市やきものの里
かわら美術館

0566-52-3366
4/9〜5/29
  • 油彩をはじめて50年、画家・斎藤吾朗の作品と収集品 斎藤吾朗の全活動を語ろう、具(カタログ)
  6/11〜7/27
  • -色彩の再発見・近代巨匠による- クレパス画名作展
美術館等 [ 岐阜県 ]
岐阜県美術館
058-271-1313
2/22〜5/8
  • 【企画展】「伊藤慶二 こころの尺度+林武史 石の舞・土の宴」展
  6/4〜6/26
  • 第65回岐阜県美術展(一般部・青年部・少年部の入替あり)
  7/4〜10/3
  • 休館
岐阜県現代陶芸美術館
0572-28-3100
4/23〜8/21
  • 華麗なる近代洋食器の展開−オールドノリタケを中心に−
美術館等 [ 三重県 ]
三重県立美術館
0592-27-2100
4/9〜5/29
  • 堀文子展
  6/11〜6/26
  • 特集展示 大橋歩
  7/9〜9/4
  • ユーモアのすすめ 福田繁雄大回顧展
美術館等 [ 新潟県 ]
新潟県立近代美術館
0258-28-4111
4/23〜6/5
  • 県内コレクターによる 秘蔵の日本画名品展
  7/23〜8/28
  • いわさきちひろ展―子どものしあわせを願って
美術館等 [ 長野県 ]
長野県信濃美術館
026-232-0052
4/16〜6/5
  • 資生堂にみる商業デザイン −明治・大正・昭和−
  6/11〜8/21
  • 信越放送60周年 長野県信濃美術館45周年 倉敷・大原美術館コレクション
 東山魁夷館 3/31〜5/24
  • I 京都の記憶
  6/26〜7/26
  • II 北欧の魅惑
  7/28〜9/27
  • III 日独交流150周年記念 ドイツ・心の旅路
北澤美術館
0266-58-6000
北澤美術館新館
0266-57-2100
清里北澤美術館
0551-48-5000
3/29〜9/25
  • 【北澤美術館新館】企画展「ルネ・ラリックと香りの世界」
  3/10〜6/5
  • 【北澤美術館本館】現代日本画 春季収蔵作品展
  4/1〜
  • 【清里北澤美術館】野村陽子 植物細密画展