中部デザイン協会ホームページ
○ 今月の写真
一昨日(2011年2月27日)、国際デザインセンター・デザイン工房にて、NAGOYAキッズデザイン 2011「親子デザインワークショップ」が開催されました。ワークショップは4〜12歳の子供と保護者が対象で、各講座15組30名程が参加。私も講師として丸々一日、子供たちと有意義な日曜日を過ごしました。講座は3回。#1 万華鏡をつくろう 10:00-12:00 。#2身長時計をつくろう13:00-15:00 。#3 ペットボトルでスノードームをつくろう16:00-18:00。と、こういった内容でした。掲載の2点の写真は万華鏡の中の写真。ワークショップの講師、水野博之先生の作品です。みんなのお手本ですね。万華鏡はとても奥深い表現世界があり、とうてい私の写真程度では伝えきれませんが、その美しさと不思議さは、筆舌に尽くせぬものがあります。3講座とも全てが大盛況でした。作品も傑作しかない幸せな親子(または孫)が醸し出す濃密な空間に、酔いそうなほどでした。
(Posted by 青山茂さん)
○ 中部デザイン協会では、会員の皆さんの作品展・展示会など、商用・個人を問わず、「会員からのお知らせ」に掲載します。ぜひご活用ください。また、デザインコンペにつきましても掲載いたします。
右記アドレス宛てにお送りください。

CDA理事長のつれづれ

アノニマスデザイン5「カラーコーン」

道路や工事現場、街の至る所で良く見かけるトンガリ帽子を「カラーコーン」と言います。この名前の出所は不明ですが、私の推測ではソフトクリームの容器のコーンが元ではないかと思う。また何時頃、誰が考えだしたのか色々調べたが解らない。海外でその事例があるのかも知れない。カラーコーンメーカーである某社の社史を調べると、昭和38年に生産を始めた記述がある。
カラーコーンの大表的な色は何と言っても赤です。カラーコーンの一番大きな目的は「保安器具」として使用されてきたので、赤は危険や警戒を表すのに適切な色です。(写真1)ポリエチレン樹脂で、高さは70cmコーンのベースに、風による倒れ防止のウエイト(4kg)を載せているのが標準使用。


1 カラーコーン

このポリエチ製が普及する前は、ゴム製のコーンが主流であった。(写真2、3) 曲げてもつぶれない丈夫さがあるが、ベースの色が黒しか出来ない、重いこと、高いことなどから次第にポリエチ製に取って変わられた。


2 ゴム製コーン

3 つぶれない

ポリエチ製は、色が自由に出せるので赤以外に、青、緑、黄、白、黒と6色位のカラー展開がある。赤以外のコーンを見ると、同じものが新鮮に見えて来るから不思議です。(写真4、5、6)


4 公園の緑

5 木下サーカスの黄

6 劇団四季の青
 

又、カラーコーンが威力を発揮するのが、イベントや公園等における駐車規制で、コーンがずらりと並ぶ光景は壮観だ。特に国際マラソンでは、42.129kmに亘る道路をコーンで区切って行われるので、もうお馴染みの風景になっている。しかしマラソン大会で一体何本のコーンが使われているのであろうか、又これだけの数を用意できる会社があるんだなと、1月に行われた大阪国際女子マラソンを観ていた。(写真7、8)


7 イベント会場道路

8 大阪国際女子マラソン

カラーコーンを調べていくと、さらに必要な機能や新しいコーンのデザイン展開が見えてくる。道路では、夜間工事中であることを知らしめることが重要であるので、光るコーンが使われているが、古いタイプは充電式で長時間保たず、途中で暗くなってしまう性能の悪いものであった。しかし現在のライトは、ソーラーとLEDを組み合わせた全く新しいタイプである。(写真9)


9 ライトタイプコーン

ナデアパークの入口で、四角で黒いコーンを見つける、角形は初めてだ。高さ90cm位で少し大型であるが、ゴムウエイトが無いし水を入れる口も無いので倒してみると、何とペットボトル4本に水が詰めてあった。なるほど新しいアイデアである。(写真10、11)これと同じタイプの角形を広告等として使用して新しい用途展開も生まれている。(写真12)


10 角形コーン

11 角形の底面

12 広告タイプ
 

丸、四角があるから三角形もあるかなと思いながら数ヶ月が経ったある日、名神多賀サービスエリヤの障害者専用駐車場で、とうとう三角コーンに出会う。しかし三角の必要性は何なのか疑問を持ちながら、良く眺めて見るとそれが解ってきた。三角の尖った方を正面に置くと手前や左右から表示が読み取れて、新たなコーン機能を確認した。(写真13) また、コーン形状を小型化して別の用途を目的にしたコーンがあります。私が毎週テニスを行っているコートで、子供達の練習に使っているものです。これらは主にサッカーなどのスポーツに主に使われています。(写真14)


13 三角コーン

14 小型コーン

さらにコーンから変形した台形タイプで、横に大きいのでインパクトが大きい、水が重しになっているのでチェンも繋げる。(写真15)またコーン形状を持ちながら、駐車場入口で人に変わってミラーで注意し、もう一方で満車の表示をして利用者に案内している。(写真16)アノニマスであったコーンはさまざまな形に変身して新たな用途を創りだしてきた、優れものです。


15 台形コーン

16 駐車場コーン

しかし写真17を観て下さい、怒り狂ったコーンです。このコーンは駐車場の怒りの地主そのものです。折角いいものを創りだしても、使う側の人が常識的なマナーがなければ、人と道具の関係はこの様に崩れるのです。
又、写真18、19、20を観て下さい、道路に無数にコーンが置かれている風景です。この風景から「街を美しくしましょう」という標語がむなしく頭をよぎります。又この風景から見えるのは人と車と道路との関係です、そして私達の生活に欠かせない道具である車を、未だに使いこなして居ないのではないかと考えてしまう。さて皆様はどのようにお考えでしょうか。


17 怒りのコーン


18 道路のコーン1

19 道路のコーン2

20 道路のコーン3
 

(著 中部デザイン協会 理事長 舟橋 辰朗 2011/02/28)

美術館・ギャラリー情報の内容は保障できかねますので、お出かけの際は、展示期間・内容を各施設にご確認ください。

美術館等 [ 愛知県 ]
愛知県美術館
 971-5511
2/15〜4/17
  • レンバッハハウス美術館所蔵 カンディンスキーと青騎士展
  • 【所蔵作品展】 2010年度第3期
  4/29〜6/12
  • 麻生三郎展
  美術館ギャラリー
  アートスペース
3/1〜3/6
  • 第42回平成22年度愛知県立芸術大学卒業・修了制作展(洋画,日本画,工芸,彫刻,デザイン,その他)
  • 2010年度 愛知産業大学 造形学部卒業研究・制作(デザイン)
  • 第89回 愛展(写真・映像)
  • フォトクラブ「すぎの子」写真展(写真・映像)
  • 第42回 平成22年度 愛知県立芸術大学 卒業・修了制作展(洋画,日本画,版画,工芸,彫刻,デザイン,写真・映像)
  3/8〜3/13
  • 第38回名古屋芸術大学卒業制作展(大学院デザイン研究科修了制作展併設)(洋画,日本画,デザイン,その他)
  • 第45回写真公募展(写真・映像)
  • 愛知学生美術連盟 第11回統合展(洋画)
  • 第12回 鯱書道クラブ作品展(書)
  • 南山大学写真部展(写真・映像)
  3/16〜3/21
  • 第65回水彩協会展(洋画,版画)
  • 東方展(日本画)
  • 第12回名古屋地区正筆会会員展(書)
  • フォト写楽彩写真展(写真・映像)
  • 南山photographica写真展[南山大学写真部卒業生2000〜による展示](写真・映像)
  • 名工大 写真研究部 卒展『Photo is …』(写真・映像)
  3/23〜3/27
  • 第48回謙慎書道会中部展(書)
  • 第57回公募ふぢなみ展(書)
  • 第15回東海書作家協会展(書)
  • 第34回牛刀書道展(書)
  • 第41回青炎展(洋画,その他)
  • The Most(洋画,日本画,書,デザイン,その他)
  • 第二回 森羅万象(工芸,デザイン,写真・映像,その他)
  • 限無∞limitless(その他)
  3/29〜4/3
  • 第78回独立展(洋画)
  • 新陶彫第八回名古屋展(その他)
  • 第58回公募東海書道藝術院展(書)
  • 第47回書玄展(書)
  • 第28回 創墨会水墨画展(日本画,その他)
  • 写真展・CUSTOM VII (カスタム 7)(その他)
名古屋市美術館
212-0001
2/22〜4/10
  • 【特別展】没後120年 ゴッホ展
  2/19〜4/10
  • 【常設企画展】ポジション2011米山和子展
名古屋市博物館
853-2655
4/16〜6/26
  • 特別展「古代メキシコ・オルメカ文明展 マヤへの道」
古川美術館
763-1991
2/26〜4/17
  • 【企画展】企画展「富士と桜」
  • 【分館爲三郎記念館】春季公開 「阿部肥(ふとし)〜人形に想いを寄せて」
徳川美術館
935-6262
2/5〜4/3
  • 【特別展】尾張徳川家の雛まつり
  4/9〜5/22
  • 春季特別展 宮廷の雅 -有栖川宮家から高松宮家へ-
名都美術館
0561-62-8884
CDA会員特典有
1/12〜2/27
  • ※2/28-6/6(予定)まで館内改修のため休館
杉本美術館
0569-88-5171
1/1〜4/19
  • 奈良 大和路
  • 【特別企画展】うさぎ
大一美術館
 413-6777
10/26〜4/24
  • ガレ&ドーム ガラスの小宇宙展
  • 【特別展示】アール・ヌーヴォーのガラス作家に 大きな影響を与えた 中国 清朝・乾隆硝子展
桑山美術館
 052-763-5188
4/5〜7/3
  • 開館30周年記念 所蔵絵画リクエスト展 あなたが選ぶ桑山美術館ベスト30
  4/5〜7/3
  • 開館30周年記念 所蔵絵画リクエスト展 あなたが選ぶ桑山美術館ベスト30
岡崎市美術博物館
0564-28-5000
1/29〜3/21
  • スウィンギン・ロンドン50's-60's ―ビートルズとその時代―
  4/9〜5/22
  • 【特別企画展】桃源万歳−東アジア理想郷の系譜−
豊田市美術館
0565-34-6610
1/8〜3/27
  • 【企画展】Art in an Office
  1/8〜4/3
  • 【コレクション展】浮舟 Floating Boat
  2/19〜4/3
  • 【常設特別展】柴田是真 −伝統から想像へ−
豊田市民芸館
0565-45-4039
3/1〜5/29
  • 【企画展】お祝いの民芸品
刈谷市美術館
0566-23-1636
2/26〜4/3
  • 【常設展】カリヤ美術どうぶつ園
名古屋ボストン美術館
684-0101
2/26〜3/27
  • 響きあううつわ ―出光美術館日本陶磁コレクション―
  4/23〜8/28
  • ジム・ダイン―主題と変奏:版画制作の半世紀
メナード美術館
0568-75-5787
3/5〜4/17
  • 所蔵企画展 シャガール版画
  4/26〜6/19
  • 特別企画展 吉田善彦・林功 -受け継がれる日本画の美
国際デザインセンター
4Fデザインギャラリー
4Fデザインミュージアム
265-2106
3/2〜3/7
  • 布の上のリズム展 自然の声から生まれたテキスタイル/li>
  3/16〜3/21
  • ワーロン 50's ―ワーロンシート誕生より50年を迎えて「新たな可能性」学生コンペティション入賞・入選発表展
  3/23〜3/28
  • 大同大学情報学部情報デザイン学科 Exhibition: New Product Design デザインの空白
  3/30〜5/15
  • IdcNデザインミュージアム・コレクションシリーズvol.16「モダン・レディ」アメリカ・ビューティビジネスの幕開け
松坂屋美術館
264−3611
3/5〜4/10
  • 松坂屋創業400周年・松坂屋美術館開館20周年記念 松坂屋コレクション −技を極め、美を装う−
  4/16〜4/24
  • 第66回 春の院展
  4/27〜5/17
  • 松坂屋美術館開館20周年記念 いわさきちひろ展
  5/21〜5/29
  • 第46回 日春展 (日展 日本画部春季展)
  6/1〜6/7
  • 第33回 日本新工芸展
  6/11〜7/3
  • 誕生110年記念 荻須高徳展 憧れのパリ・煌めきのベネチア
高浜市やきものの里
かわら美術館

0566-52-3366
1/15〜3/6
  • ジュディ・オング倩玉の木版画の世界
  3/12〜4/3
  • 中国〜朝鮮〜日本 東アジアの瓦の流れ
美術館等 [ 岐阜県 ]
岐阜県美術館
058-271-1313
2/22〜5/8
  • 【企画展】「伊藤慶二 こころの尺度+林武史 石の舞・土の宴」展
岐阜県現代陶芸美術館
0572-28-3100
12/4〜3/27
  • カラー やきものと色の密かな関係
  8/7〜4/10
  • 『土のみた夢』 Part2 華麗なる洋食器の競演 小さなオブジェの森 粋なうつわの語らい
美術館等 [ 三重県 ]
三重県立美術館
0592-27-2100
2/26〜3/27
  • コレクション展 物語る美術
  4/9〜5/29
  • 堀文子展
  6/11〜6/26
  • 特集展示 大橋歩
  7/9〜9/4
  • ユーモアのすすめ 福田繁雄大回顧展
美術館等 [ 新潟県 ]
新潟県立近代美術館
0258-28-4111
2/5〜3/27
  • 【企画展】牧野虎雄展
  1/29〜4/10
  • 個人コレクターたちの肖像
美術館等 [ 長野県 ]
長野県信濃美術館
026-232-0052
2/5〜3/6
  • 没後100年 荻原守衛(碌山)展 −ロダンの情熱を継いだ人−
 東山魁夷館 2/3〜3/29
  • 常設展IV 魁夷90年の生涯をたどる
北澤美術館
0266-58-6000
北澤美術館新館
0266-57-2100
清里北澤美術館
0551-48-5000
12/4〜3/27
  • 【北澤美術館新館】咲き誇るアール・ヌーヴォーの名品− ガレ、ドームの3大傑作
  3/29〜9/25
  • 【北澤美術館新館】特集展示 「アール・デコ 香りの世界 ラリックの香水瓶」(仮称)