• 60周年記念事業は、着々と計画が進んでします。会員の方には、先日計画書をお送りしました。今回は全員参加が目標です。
  • CDA60周年事業「古都ふらり〜町宿「枩邑」に泊まる〜」
中部デザイン協会ホームページ
○ 今月の写真
韓国ソウル 清渓(チョンゲチョン)川
9月24日〜27日中部デザイン協会60周年記念事業の国際交流の一環として、韓国の釜山、ソウルを訪問しました。主な目的は釜山のデザインセンター訪問、ソウルのサムソン電子のデザイン部門訪問でした。交流結果は、これまでの日韓のデザイン交流にご尽力のあった方々のおかげで、大変な歓迎を受け、現代の韓国の先端に触れることのできた意義深い交流となりました。このような対応は韓国の経済やデザイン界の強い自信を裏付けるものと感じました。
掲載の写真はソウルの中心街を流れる清渓川です。暗渠として、道路となっていたものを再開発したものです。大都市の中に緑と清流を復活させた、市民憩いの親水公園です。現在の金大統領のソウル市長時代、強力なリーダーシップにより、2003年から3年の歳月で完成させてものです。
経済危機を乗り越え、官民一体となって文化、そしてデザインでグローバルマーケットに挑む現代の韓国を象徴している事業の成果として、感銘を受けました。
(Posted by 和田眞爾さん)
○ 会員からのお知らせ
・技と素材とデザイン 舟橋辰朗展 2010年11月9日(火)〜14日(日) セントラル・アートギャラリー
・大庭寛明 木村徹 藤原正則 佐藤圭司 展 2010年11月24日(水)〜29日(月) ギャラリー くさ笛
詳細はホームページの会員からのお知らせをご覧ください。
○ 中部デザイン協会では、会員の皆さんの作品展・展示会など、商用・個人を問わず、「会員からのお知らせ」に掲載します。ぜひご活用ください。また、デザインコンペにつきましても掲載いたします。
右記アドレス宛てにお送りください。

CDA理事長のつれづれ

韓国の「のぼり旗・ベース」事情

韓国を訪問するのは、今回で3度目。1度目は20数年前で、当時の韓国は日本製品をコピーする国として問題視されていたと共に、日本の下請け工場(特にプラスチック製品)として機能していた。また韓国産松茸が空港で売られていて、安かったので土産に買った覚えがある。今ではどこにも見当たらない。
2度目は、韓国でICSID世界会議が開催された時。このICSID世界会議は国からの協力により開催され、デザインの重要性が行政、企業,市民を含め認識された。今回3度目は、cda60th記念事業の1つとして9月24日〜27日に掛けて、釜山デザインセンター、サムスン本社を訪問し、韓国のデザイン事情を視察した。わずか数日の日程で、単純に比較はできないが、日本は追い越されているというのが、私の実感です。それは、国,行政を挙げてデザインを戦略的に高め、活用して行く狙いにおいて確実に、差がついてしまっていることにも依ります。さらに今、韓国は日本以上に国際社会で存在感を高めていることも実感です。
さて、主題の「のぼり旗」について私は、韓国に行く前から、のぼり旗が街中旗めいているのではないかと想像していた。しかし車窓から眺めたり、注意しながら歩いても見当たらない。韓国にのぼり旗の影響は無いんだと思った。ならばどの様な広告媒体を使っているのかに関心が高まった。
9月25日(土)AM11時に釜山デザインセンターを訪問。(写真1)モダンな5階建てのビルすべてを、デザインセンターが使用していると云う規模に驚く。また休日のもかかわらず我々のために開館していだくと共に、隣のレストランで昼食までご馳走になり重ね重ねのご配慮に、感謝でいっぱいです。


1 釜山デザインセンター

そのレストランの帰りに、目が点になった。それは、パーキングの表示とおぼしき立て看板である。ベースに伸縮自在のポールをたてロールシートを下げたものであるが、そのベースが素晴しい。(写真2、3)ポールの固定部を白色の楕円形状にして、本体のソフトで柔らかい形状との組み合わせで、見事なデザインに仕上がっているのである。これが韓国の広告媒体ならばレベルが高いぞと思わせた。


2 自立看板

3 ベース

その日の午後は、チャガルチ市場(魚市場)から国際市場を散策。その移動途中に初めて日本の「のぼり旗」に出会う,やはり在った。ベースもブルーで日本と同じだ。(写真4,5)しかし何かしっくりしないな、馴染んでいないなと云う印象を持った。


4 のぼり旗

5 ベース

その後国際市場行くと、人、人、人、さらにパラソルの林立する屋台でにぎにぎしい。こんな光景は、日本では正月の参道位しか出会えない。このような混雑にのぼり旗があってもいいのだが、1本も見当たらない。(写真6)


6 国際市場

そしてそこにあるのが、自立看板である。しかもそのいずれもが、デザインのレベルが高くオリジナリティにとんでいる。写真(7、8)は、片面で使用しているが両面使用が可能、車のようなベースデザインが特長。写真(9、10)は両面使いとして、テンションをかけてシートをぴん〜と張っている。またベースは目立たないが、まとまりのあるデザインである。また写真(11、12)は片面使用しているが、構造的には両面使用である。四方にワイヤーでテンションを掛けた見事な構造。ベースも踏ん張ったデザインが力強い。


7 自立看板

8 ベース

9 自立看板

10 ベース

11 自立看板

12 ベース

以上ほんの僅かな事例にすぎないが、韓国では自立看板が主流であることが解ってきた。特に感心するのはベースカラーで、いずれもグレーで歩道の石畳と調和して目立たない。これには我々も学ばなくてはならないと、反省させられた。また日本のようにのぼり旗が林立していないので、人で混雑していても何か街に落着きが感じられた。 それにしても、韓国に日本の「のぼり旗」が普及していなくてほっとした次第。韓国には韓国の文化が根付いているからこそ、魅力があるのであって、そこに日本の「のぼり旗」が旗めく必要は無い。


(著 中部デザイン協会 理事長 舟橋 辰朗 2010/10/31)

美術館・ギャラリー情報の内容は保障できかねますので、お出かけの際は、展示期間・内容を各施設にご確認ください。

美術館等 [ 愛知県 ]
愛知県美術館
 971-5511
11/26〜1/23
  • 【所蔵作品展】美の精髄 愛知県美術館の名品300
  2/15〜4/17
  • レンバッハハウス・ミュンヘン市立美術館所蔵 カンディンスキーと青騎士
  美術館ギャラリー
  アートスペース
11/2〜11/7
  • 四季の絵手紙合同展(第3回) (その他)
  11/9〜11/14
  • 長谷川徳幸教室展 チャイナアートペインティング(その他)
  • NHK文化センター絞りとデザイン教室 第15回作品展(工芸)
  • 星の輪会 小品展(洋画)
  11/10〜11/14
  • 第64回二紀展(洋画,彫刻)
  • 日本リアリズム写真集団2010「視点」展及第45回愛知展(写真・映像)
  • 公募第14回現代かな書展(書)
  • 第38回中部新世紀展(洋画)
  • 第18回清新美術会展(洋画,日本画,工芸)
  • 第18回夢大社書展(書)
  11/16〜11/21
  • 第62回毎日書道展 東海展(書)
  • 第57回愛知県私学美術展(洋画,日本画,書,写真・映像,その他)
  • 第40回あかね会工芸展(工芸)
  • 第62回道風展(書)
  • 第23回墨彩画 彩林展(その他)
  • 第35回絵更紗・紗香会 作品展(工芸)
  • 第10回ひびき展(日本画,版画,その他)
  11/23〜11/28
  • 第27回読売書法展中部展(書)
  • 第18回未来の芸術家たち展(洋画,日本画,彫刻,デザイン)
  • 第41回瀬戸造形集団展(洋画,工芸,彫刻,書)
  • 第20回東海かな展(書)
  • 花の絵ファンタジック水彩画 今大路隆子金山教室グループ展(洋画)
  • 第15回 火耀会 木版画展(版画)
  11/30〜12/5
  • 第46回主体展(洋画)
  • 第43回彩雲社書展(書)
  • 第61回一線美術会展(洋画)
  • 表現者たち 第18回作品展(写真・映像,その他)
  • 第42回美術展 欅(洋画,日本画,工芸,彫刻,デザイン)
  • 第12回日中繪画篆刻展(日本画,書,その他)
名古屋市美術館
212-0001
12/7〜2/6
  • 【特別展】ポーラ美術館コレクション展―印象派とエコール・ド・パリ
  2/22〜4/10
  • 【特別展】没後120年 ゴッホ展
  12/4〜2/6
  • 【常設企画展】ぷろだくしょん我S
  2/19〜4/10
  • 【常設企画展】ポジション2011米山和子展
名古屋市博物館
853-2655
9/25〜11/7
  • 【特別展】名古屋開府400年記念 特別展 変革のとき 桃山
  11/20〜12/19
  • 【企画展】名古屋タイムズの見た名古屋−昭和21年〜39年−
  1/8〜2/27
  • 第34回収蔵品展くらしのうつりかわり
古川美術館
763-1991
10/9〜12/19
  • 【爲三郎記念館開館15周年記念】古川美術館特別展「田村能里子展 オリエントの風を聴く」
  1/2〜2/13
  • 【新春企画展】芸術三昧
  • 【分館爲三郎記念館】同時公開(季節のしつらえ)
徳川美術館
935-6262
10/2〜11/7
  • 【秋季特別展】名古屋開府400年 徳川美術館・蓬左文庫開館75周年記念 秋季特別展 尾張徳川家の名宝 −里帰りの名品を含めて−
  11/13〜12/12
  • 【特別展】名古屋開府400年 徳川美術館・蓬左文庫開館75周年記念 特別展 国宝 初音の調度
名都美術館
0561-62-8884
CDA会員特典有
9/29〜11/14
  • 【特別展】〜京都の粋〜 琳派の継承者 神坂雪佳展
  1/12〜2/27
  • 【企画展】近畿日本鉄道創業100周年記念 未来へつなぐ花鳥画 〜過去16回の松伯美術館花鳥画公募展を振り返る〜
杉本美術館
0569-88-5171
9/16〜12/28
  • 杉本健吉が描いた東大寺
  1/1〜
  • 奈良大和路
  • 【特別企画展】うさぎ
大一美術館
 413-6777
10/26〜4/24
  • ガレ&ドーム ガラスの小宇宙展
  • 【特別展示】アール・ヌーヴォーのガラス作家に 大きな影響を与えた 中国 清朝・乾隆硝子展
桑山美術館
 052-763-5188
9/7〜12/5
  • 【所蔵茶道具展】「茶道具への視線−素材・形・文様−」
岡崎市美術博物館
0564-28-5000
9/11〜11/7
  • 【裏千家11代玄々斎宗室生誕200年記念】茶の湯の文明開化 ―茶人玄々斎の生涯と奥殿藩松平家―
  11/20〜1/16
  • 【収蔵品展】民具が語る暮らしのうつりかわり
  1/29〜3/21
  • スウィンギン・ロンドン50's-60's ―ビートルズとその時代―
豊田市美術館
0565-34-6610
9/18〜12/26
  • 【企画展】石上純也
  1/8〜3/27
  • 【企画展】Art in an Office
  2/19〜4/3
  • 【常設特別展】柴田是真 −伝統から想像へ−
豊田市民芸館
0565-45-4039
9/14〜11/28
  • 【企画展】愛知の手仕事−技と美−
  12/7〜2/20
  • 【特別展】生誕120年記念 河井寛次郎
刈谷市美術館
0566-23-1636
9/18〜11/3
  • 【企画展】宇野亜喜良展
  11/9〜12/19
  • 【常設展】没後10年 市川 晃展
  11/9〜12/19
  • 【常設展】New Collections
  11/9〜12/19
  • 【常設展】カリヤ美術どうぶつ園
名古屋ボストン美術館
684-0101
10/9〜1/30
  • 浮世絵名品展第2弾 錦絵の黄金時代 ―清長、歌麿、写楽
  2/26〜3/27
  • 響きあううつわ ―出光美術館日本陶磁コレクション―
メナード美術館
0568-75-5787
9/16〜12/23
  • メナード美術館 コレクション名作展 -アートなひととき-
  1/2〜2/27
  • 所蔵企画展  昭和の記憶-名品でたどる 64年
  3/5〜4/17
  • 所蔵企画展 シャガール版画
国際デザインセンター
4Fデザインギャラリー
4Fデザインミュージアム
265-2106
10/27〜11/1
  • 「PENTAX645Dの世界」写真展
  11/3〜11/8
  • なごやデザインウィークvol.21 ライブマーケット'09ブースコンテストグランプリ受賞展「開運」〜パルプ造形の過去と未来の交差点〜
  11/19〜11/21
  • 名古屋学芸大学 第6回CONTACT展
  11/25〜12/5
  • 第7回国際コンペティション「名古屋デザインDO!2010」入賞入選作品展 テーマ:未来のために―まもる・すくう・できる
  11/26〜12/2
  • 国際若手デザイナーワークショップ2010
  12/8〜12/13
  • 「ケモノ道」服部ユーイチ個展
  12/15〜12/20
  • クラフトデザイナー中部「かわいいものたち」(仮)
松坂屋美術館
264−3611
10/23〜11/21
  • チュニジア世界遺産 古代カルタゴとローマ展
  11/27〜12/26
  • アール・ヌーヴォーのポスター芸術展
  1/2〜1/23
  • 手塚 雄二 一瞬と永遠のはざまで
  1/29〜2/6
  • 第55回 現代書道二十人展
高浜市やきものの里
かわら美術館

0566-52-3366
10/2〜11/7
  • 特別展「生誕100年記念 ハンス・フィッシャーの世界」
  11/13〜1/10
  • 市制40周年・開館15周年記念特別展「三州瓦と高浜いま・むかし展」
美術館等 [ 岐阜県 ]
岐阜県美術館
058-271-1313
11/2〜1/30
  • 【企画展】現代へのまなざし 没後10年 三尾公三展
  2/22〜5/8
  • 【企画展】伊藤慶二・林武史二人展
岐阜県現代陶芸美術館
0572-28-3100
9/18〜11/23
  • 『ハンス・コパー 20世紀陶芸の革新』
  8/7〜4/10
  • 『土のみた夢』 Part2 華麗なる洋食器の競演 小さなオブジェの森 粋なうつわの語らい
  12/4〜3/27
  • カラー やきものと色の密かな関係
美術館等 [ 三重県 ]
三重県立美術館
0592-27-2100
10/23〜12/19
  • 愛知・岐阜・三重三県立美術館協同企画展 ひろがるアート
  1/4〜2/13
  • 子どもアートinみえ
  2/26〜3/27
  • コレクション展
美術館等 [ 新潟県 ]
新潟県立近代美術館
0258-28-4111
9/11〜11/23
  • 【企画展】ポンペイ展 世界遺産―古代ローマ文明の奇跡
  9/10〜11/28
  • 【常設展】亀倉雄策の世界
美術館等 [ 長野県 ]
長野県信濃美術館
026-232-0052
11/13〜1/11
  • 池田満寿夫のエロス/美術館でおしゃべりしよっ!2010
  2/5〜3/6
  • 没後100年 荻原守衛(碌山)展 −ロダンの情熱を継いだ人−
 東山魁夷館 10/1〜11/30
  • 開館20周年記念展II「信州讃歌」
  12/2〜1/30
  • 常設展III 創作の秘密−作品ができるまで−
  2/3〜3/29
  • 常設展IV 魁夷90年の生涯をたどる
北澤美術館
0266-58-6000
北澤美術館新館
0266-57-2100
清里北澤美術館
0551-48-5000
9/18〜11/19
  • 【北澤美術館本館】東山魁夷展 風景へのめざめ−信州こころのふる里−
  9/7〜11/30
  • 【清里北澤美術館】 野村陽子 ボタニカルアート展