CDA初の海外ツアー『韓国』 釜山デザインセンターの見学やデザインミーテング

まず釜山では「釜山デザインセンター」の見学、 そしてデザイナーとの交流・懇親会を予定しております。
そしてソウルでは、サムソン美術館Leeum鑑賞と、企業ショールーム見学を企画しております。
予約が必要なLeeumは、日本では まだあまり知られていないようですが韓国最大の規模を誇る私設美術館で、国宝や国宝級の収蔵品揃いです。
スイス人建築家のマリオ・ボッタ デザインのMUSEUM1には陶磁器や仏教美術等が並び、ジャン・ヌーベル デザインのMUSEUM2には現代アートを収蔵し、美術品鑑賞とともに、デザイナー達が共作した建築の美しさでも 大変見ごたえのある美術館です。
又ソウルでの宿泊は、芸術の街としても有名な仁寺洞ですので、ゆっくりと街並みを散策しながら 韓国デザインを体感していただけることと思います。
中部デザイン協会ならではのツアー内容ですので、是非、多くの方々のお申し込みをお持ちしております。

中部デザイン協会 60周年記念事業 実行委員会

9月24日(金) 釜山 夕刻ホテル到着。現地ガイドがお出迎え。夜のプサン観光(南浦洞付近)を兼ねて夕食。
【釜山/釜山観光ホテル泊】
9月25日(土) 釜山 釜山デザインセンター視察
釜山市内観光(ジャガルチ市場・国際市場)。 釜山散策と夕食。
【釜山/釜山観光ホテル泊】
9月26日(日) 釜山
ソウル
京釜高速鉄道(KTX)で釜山駅よりソウルへ。
ソウル駅のフードコートにて昼食。
サムスン美術館(実費1万W)ご鑑賞。
清渓川散策。 仁寺洞散策と夕食。
【ソウル/仁寺洞クラウンホテル泊】
9月27日(月) ソウル 韓国企業ショールーム等を見学予定。
市内観光(チョンミョ、北村韓屋村見学予定)

■旅行代金: ¥85,000−

■お申し込み期限:7月9日

詳細・お申し込みはホームページをご確認ください。

○ 中部デザイン協会広報委員会では、会員の投稿をお待ちしています!!
デザインで気付いたこと、自分の考えなど何でも結構です。
○ 会員の皆さんの作品展・展示会など、商用・個人を問わず、「会員からのお知らせ」に掲載します。ぜひご活用ください。
メールで広報委員会宛にお送りください。
○ 今月の写真
「白鷺城(姫路城)が改修のため、今年のゴールデンウィークを最後に、2015年まで工事中です。お城マニアではないのですが、情報につられて、御上りさんでたずねてみました。案の定、歴史人気と満開の桜に誘われた人々で、2時間待ちで天守を目指しましたが、最終の階段でタイムアウトで断念しました。真っ白にお色直し後を期待して……。日本の伝統美は、静かに鑑賞すべきですね。お薦めは、松山城です。五重の天守が、寛永に時の情勢で三重となった広々とした天守です。でも、今年は龍馬人気で人出が多いかも。」
(Posted by 会員:榊原 晴勝さん)

CDA理事長のつれづれ

誰もが創造者2 「現場で生まれる」

もう30年近い付合いの木工所の親爺さんは,ロクロの名人で亡くなる3ヶ月前に棗(なつめ)を頂いた、何か思いがこもって感慨深かった。
その息子のSさんは、木工旋盤の名手で丸棒加工のならば何でもやりこなす。他の木工所に頼んで、出来ないと断られるとSさんの所に集まってくる。だから年中仕事が切れず多忙、さらに板加工、箱加工等頼まれたものは何でもやりこなしてしまうから尚更忙しい。
この様に多忙なSさんの仕事場に、舟橋は図々しく入り込んで作品造りをさせて貰っている。ある日3時の休憩に呼ばれ、数人の職人さん達と一緒にお菓子を頂くとき、どうぞと差し出された椅子(スツール)写真1、2を観て驚いた!

紙張地蔵の山門
1
紙張地蔵堂
2

一斗缶2個の上から箱座をかぶせただけのスツールである。箱座の表はニードルパンチの端材を貼られているが、一斗缶2個は何も止めてないしかしこの箱座で充分である。最小限の時間で最大限の機能を求めた究極のデザインであるというのは、チョット褒め過ぎかな。しかしこのスツールの高さが丁度いいのもビックリだ!又スツールだけではなく2台距離をおいて並べ、長尺物もの作業台として使うことも出来て大変便利である。
写真3、4は、小分けした接着剤の容器。プラスチックの蓋に数本の切れ目を入れ、そこに刷毛を差し込む。刷毛は垂直に保たれ、使う時は蓋を付けたまま使用する。接着剤を塗り終って缶に戻すと蓋がされた状態になり乾燥が防止される。この木工所で非常に使用頻度が高い仕事だから、このようなアイデアが必然的に生まれてくる。

紙張地蔵の山門
3
紙張地蔵堂
4
紙張地蔵の山門
5
紙張地蔵堂
6

写真5、6は、最初に紹介した一斗缶である。この一斗缶には接着剤が入っているが、一斗は重いのでこぼさずに3、4の容器などにどのようにしたら上手に小分け出来るか、という強い思いからこのような道具を造り出した。 物づくりの現場では、いかに仕事を効率よく、的確に行うことが課題であるので、市販に無い物は自分達で創りだすのである。こうして生み出されアイデアは、この木工場での必然性であるが、広く他の工場でも同様な必然性があれば、これらは商品として生まれ変わるのである。このようにしてモノは、現場から生まれるのである。

(著 中部デザイン協会 理事長 舟橋 辰朗 2010/6/28)

美術館・ギャラリー情報の内容は保障できかねますので、お出かけの際は、展示期間・内容を各施設にご確認ください。

美術館等 [ 愛知県 ]
愛知県美術館
 971-5511
6/4〜7/11
  • 【企画展】田原市博物館の名品による 渡辺崋山展
     併設:和魂洋眼(所蔵作品展)
  8/21〜10/31
  • 【企画展】あいちトリエンナーレ2010 都市の祝祭 Arts and Cities
  美術館ギャラリー
  アートスペース
6/29〜7/4
  • 月曜会 木版画展(版画)
  • 第12回グループひろろ展(洋画,写真・映像,その他)
  6/30〜7/4
  • 第49回 二元展(洋画,日本画,版画)
  • 第60回 記念モダンアート展名古屋(洋画,版画,彫刻,デザイン,写真・映像,その他)
  • 第62回 三軌展 東海展(洋画,工芸,彫刻,写真・映像)
  7/6〜7/11
  • 第66回現展名古屋展(洋画,工芸,その他)
  • 第51回光陵展(洋画)
  • 第35回2010JPS名古屋展(写真・映像)
  • 第40回日彫東海展(彫刻)
  • 第50回あいち平和美術展(洋画,日本画,書,その他)
  • 第95回研展(その他)
  • 第15回 天臼会 日本画展(日本画)
  7/13〜7/19
  • 第72回一水会展(洋画)
  • 第57回日府展(洋画,日本画,工芸,彫刻)
  • 第43回中部南画会展(日本画)
  • 第41回春月書道会展(書)
  • MAZE17 & AIRA8(写真・映像)
  • グループ・カラフ写真展 part22(写真・映像)
  • 第2回 環境に愛を! 展(洋画,日本画,版画,工芸,彫刻,写真・映像,その他)
  7/21〜7/25
  • 第46回白士会展(日本画)
  • 第32回BAK展(洋画,日本画,その他)
  • 第98回日本水彩展(その他)
  • 第53回游心書展(書)
  • 第34回二科会写真部愛知支部写真公募展(その他)
  • 第22回 セピア展(洋画)
  • 第18回 彩水会展(その他)
  • 五彩の卵(日本画)
  7/27〜8/1
  • 第9回 北区平和美術展(洋画,日本画,工芸,彫刻,書,写真・映像)
  • のら猫同盟展 #11(写真・映像,その他)
名古屋市美術館
212-0001
6/1〜7/4
  • 【特別展】静けさのなかから (後期)村上友晴
  8/21〜10/31
  • 【特別展】あいちトリエンナーレ2010 国際美術展
  12/7〜2/6
  • 【特別展】ポーラ美術館コレクション展―印象派とエコール・ド・パリ
名古屋市博物館
853-2655
6/24〜8/29
  • 【特別展】ポンペイ展 世界遺産 古代ローマ文明の奇跡
  9/25〜11/7
  • 【特別展】名古屋開府400年記念 特別展 変革のとき 桃山
古川美術館
763-1991
5/1〜7/11
  • 【特別展】青邨の芸術
  • 【分館爲三郎記念館 特別企画】色と光の工芸
  7/24〜9/23
  • 【企画展】美人画展
  • 【分館爲三郎記念館 同時公開】季節のしつらえ
徳川美術館
935-6262
5/29〜7/25
  • 【企画展示】殿様、ecoを考える-自然へのまなざし-
  7/31〜9/26
  • 【企画展示】名古屋開府400年 徳川美術館・蓬左文庫開館75周年記念 特別展 大名古屋城展
名都美術館
0561-62-8884
CDA会員特典有
6/1〜7/4
  • 【所蔵企画】―初 夏― 若葉きらめく
  7/17〜9/5
  • 【夏休み特別企画展】★“心の森”の仲間たち★水野政雄の世界
杉本美術館
0569-88-5171
4/22〜9/14
  • 杉本健吉が描いた奈良
  • 【同時開催】特別企画展 「花とほとけ」
大一美術館
 413-6777
4/20〜10/24
  • アール・ヌーヴォーからアール・デコへ
  • ガレの陶芸&ラリックのガラス展
桑山美術館
 052-763-5188
4/6〜7/4
  • 【所蔵日本画展】静寂なる空間 ―花鳥画から静物画ヘ―
岡崎市美術博物館
0564-28-5000
5/22〜7/4
  • 【収蔵品展】 はじめまして おひさしぶり―コレクションから―
  7/17〜8/29
  • 【日蘭通商400周年記念】 阿蘭陀とNIPPON 〜レンブラントからシーボルトまで〜
  9/11〜11/7
  • 【裏千家11代玄々斎宗室生誕200年記念】茶の湯の文明開化 ―茶人玄々斎の生涯と奥殿藩松平家―
豊田市美術館
0565-34-6610
6/26〜9/5
  • 【企画展】森村泰昌・なにものかへのレイクエム
  9/18〜12/26
  • 【企画展】石上純也
豊田市民芸館
0565-45-4039
6/15〜9/5
  • 【特別展】型絵染・三代澤本寿生誕101年展-民芸のこころ 新たなる創造-
刈谷市美術館
0566-23-1636
7/18〜8/29
  • 【企画展】自然を愛した日本画家の饗宴 川合玉堂+現代日本画展
  9/18〜11/3
  • 【企画展】宇野亜喜良展
名古屋ボストン美術館
684-0101
4/24〜9/12
  • ザ・風景 ―変貌する現代の眼
  10/9〜1/30
  • 浮世絵名品展第2弾ボストン美術館所蔵 錦絵の黄金時代 ―清長、歌麿、写楽
メナード美術館
0568-75-5787
7/3〜9/5
  • 【所蔵企画展】マティス+ルオー版画展
  7/3〜9/5
  • 【所蔵企画展】マティス+ルオー版画展
国際デザインセンター
4Fデザインギャラリー
4Fデザインミュージアム
265-2106
6/30〜7/5
  • 第26回公募2010日本ジュエリーアート展
    併催:第1回日本ジュエリーデザインコンペティション
  7/7〜7/12
  • アールト大学芸術デザイン学部 GLASS DESIGN UPDATE展
  7/21〜7/26
  • アジア8ヵ国8大学「COP10」学生ポスター展(仮称)
松坂屋美術館
264−3611
6/26〜7/4
  • 第45回 日春展(日展 日本画部春季展)
  7/7〜8/1
  • 没後10年記念 三岸節子展 こころの旅路〜満開の桜のもとに
  8/7〜9/5
  • ミッフィー誕生55周年記念 ゴーゴー・ミッフィー展
  9/11〜10/17
  • 帰ってきた江戸絵画 ニューオーリンズ ギッターコレクション展
  10/23〜11/21
  • チュニジア世界遺産 古代カルタゴとローマ展
  11/27〜12/26
  • アール・ヌーヴォーのポスター芸術展
高浜市やきものの里
かわら美術館

0566-52-3366
5/22〜7/11
  • 瓦コレクション展 −小川白楊コレクションと井上郷太郎コレクション−
  7/17〜9/5
  • 放浪の天才画家 山下清のすべて
美術館等 [ 岐阜県 ]
岐阜県美術館
058-271-1313
7/16〜8/22
  • 【企画展】20世紀美術への招待状 −ピカソ、シャガールから横山大観、竹内栖鳳まで− 富山県立近代美術館・富山県水墨美術館所蔵作品による
  9/1〜10/17
  • 【企画展】ストラスブール美術館所蔵 語りかける風景 コロー、モネ、シスレー、ピカソまで
  11/2〜1/30
  • 【企画展】現代へのまなざし 没後10年 三尾公三展
岐阜県現代陶芸美術館
0572-28-3100
4/3〜9/5
  • 「加藤土師萌―最期の大作」展
  • 「小川待子×田嶋悦子―豊饒の水」展
  • 辻清明回顧展
  4/10〜7/4
  • 『土のみた夢』 Part1 華麗なる洋食器の競演 小さなオブジェの森 粋なうつわの語らい
  7/17〜7/25
  • 『県展 多治見移動展』
  8/7〜4/10
  • 『土のみた夢』 Part2 華麗なる洋食器の競演 小さなオブジェの森 粋なうつわの語らい
  9/18〜11/23
  • 『ハンス・コパー 20世紀陶芸の革新』
美術館等 [ 三重県 ]
三重県立美術館
0592-27-2100
6/8〜7/25
  • 川喜田半泥子のすべて
  • 県民ギャラリー 【特集展示:近年の新収蔵品展】
  8/7〜10/11
  • 橋本平八と北園克衛展
  10/23〜12/19
  • 愛知・岐阜・三重三県立美術館協同企画展 ひろがるアート
美術館等 [ 新潟県 ]
新潟県立近代美術館
0258-28-4111
6/30〜7/4
  • 【企画展】[共催]県展
  7/10〜8/25
  • 【企画展】モーリス・ユトリロ展
  9/11〜11/23
  • 【企画展】ポンペイ展 世界遺産―古代ローマ文明の奇跡
  12/3〜12/12
  • 【企画展】[共催]長岡市展
美術館等 [ 長野県 ]
長野県信濃美術館
026-232-0052
6/6〜7/11
  • 信州ゆかりの天才アーティスト 長野県信濃美術館名品展
  7/16〜8/22
  • −心のふるさとを描く−原田泰治の世界
  9/11〜10/24
  • トリック・アートの世界―キミはこの謎がとけるか?
 東山魁夷館 6/3〜7/13
  • 【常設展】II 絵のなかのリズム
  7/15〜9/28
  • 開館20周年記念展T「白い馬の見える風景」
北澤美術館
0266-58-6000
北澤美術館新館
0266-57-2100
清里北澤美術館
0551-48-5000
3/19〜10/24
  • 【清里北澤美術館】 ウィーンのバーナーワーク 〜BIMINIとその周辺〜
  3/20〜10/26
  • 【北澤美術館 新館】 生誕150年記念 北澤美術館ルネ・ラリック コレクション展 アール・デコの傑作から日常を彩るテーブル・アートまで
  6/19〜8/31
  • 【清里北澤美術館】 須藤珠美 ガラス展 〜流れゆく色彩〜