写真
「LED DESIGN 2009」講演会・展示会のご案内(CDA共催事業)
2009/12/16-12/21 国際デザインセンター4F・デザインギャラリー
2009/12/19 記念講演会「地産地照 LEDのあかりを中部から」(要予約・無料)
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
CDAホームページギャラリーオープン企画展「GEN展」公開。ぜひ、はじめての作品・思いで深い作品・現在のホットな作品・幻の作品展示。1年間の長期公開予定。【公開はこちら】 【公開後も募集中!】
○ 中部デザイン協会広報委員会では、会員の投稿をお待ちしています!!
デザインで気付いたこと、自分の考えなど何でも結構です。
○ 会員の皆さんの作品展・展示会など、商用・個人を問わず、「会員からのお知らせ」に掲載します。ぜひご利用ください。
メールで広報委員会宛にお送りください。

CDA理事長のつれづれ

アノニマスデザイン2 コーヒーカップ

20数年前喫茶店でコーヒーを飲むと、ほとんどが1、2、の白地でずんぐりして、肉厚のコーヒーカップで飲むのが普通であった。このカップに入られたコーヒーは,深煎りで苦みが強いので砂糖とミルクを入れないと飲めない、そのためコーヒーは苦いものと言うのが一般的になってしまった。そのように濃くて飲み難いので、薄目のアメリカンコーヒー(通称アメリカン)なるものがその後登場するのである。しかし今のコーヒーは、アメリカンに近い出し方が主流であるので、私は砂糖もミルクも入れずにコーヒー本来の味や香りを楽しんでいる。それにともなって、コーヒーカップもブランドものやおしゃれな薄口のカップに変わってきている。しかし時々下町の小さな喫茶店に入るとこのカップに出会う、懐かしい感じとこれがコーヒーカップだなと思う。眺めているうちに、次第にいつ頃、どこで、誰がデザインしたのだろうかと思い始め、そのルーツに迫った。

白のホテル形

ホテル形3兄弟

まずこのカップを入手すべく名古屋市内の食器問屋を2軒たずねる。その1軒の片隅に一脚あり買い求めた。これをどこから仕入れているのか尋ねると瀬戸のS問屋を教えてもらい、後日をたずねる。S社長は忙しい中、親切に私の疑問に答えていただき、以下のことが解った。名称が「東陶形ホテルT2000番」通称「白のホテル形」と呼ばれている。過去多治見市市之倉で造られていたが、今は滝呂で生産。多治見では40年前位から造られていたが、実際は大正末か昭和の初めの頃から生産されていたらしい、が未だ私は確認できていない。
このコーヒーカップの何よりの特長は必要以上な分厚さである。これについて聞くと、食洗機など無い時代から業務用として使われてきた経緯から、割れ難く丈夫であることが重要だと聞き、納得。また濃いコーヒーを少しずつゆっくり飲むので、この肉厚がさめにくくしているし、また私の友人はカップが厚いので熱いコーヒーをすすりながら飲むことができると教えてくれた。
このカップのルーツを訪ねて、瀬戸まで来たので友人であり世界的な陶器デザイナーである栄木さんにも教えを請うた。栄木さんは即座に業務用だねと言った。それに容量が少ないねと、すぐさま計量すると110ccだった。普通は180ccと言われると、何か高いコーヒーを飲んでいたようで複雑。栄木さんは数々のコーヒーカップのデザインをしていて、どれもこれも特長があって素晴しい、3をご覧下さい。その中から2点4が、私の所有物となった。
白のホテル形がコーヒーカップの一つの原形と考えた時、栄木デザインに至るまでにどれほどの数のデザインが世の中に出たことか、計り知れない。この「白のホテル形」からコーヒーカップデザインの広がりを垣間見た。

栄木デザイン

舟橋所有の2点

(著 中部デザイン協会 理事長 舟橋 辰朗 2009/11/23)

美術館・ギャラリー情報の内容は保障できかねますので、お出かけの際は、展示期間・内容を各施設にご確認ください。

美術館等 [ 愛知県 ]
愛知県美術館
 971-5511
11/6〜12/13
  • 【企画展】 日本の自画像 写真が描く戦後 1945-1964
  11/6〜12/20
  • 【所蔵作品展】 20世紀の美術
    【小企画展】 あいちトリエンナーレ2010プレイベント 現代美術の発見IV 宮永春香 「陶の表象−虚(そら)と骨からFEITICO(フェティソ)まで−」
  1/6〜3/22
  • 【企画展】 大ローマ展 古代ローマ帝国の遺産
  美術館ギャラリー
  アートスペース
12/1〜12/6
  • 第71回 一水会名古屋展(洋画)
  • Contemporary Print NAGOYA(その他)
  • 表現者たち第17回作品展(洋画,その他)
  • 第48回-U 美術集団8月展(洋画,日本画,彫刻)
  12/8〜12/13
  • 第34回 新芸術展(巡回展)(洋画)
  • 第19回 東海かな展(書)
  • 第58回 旭美展(洋画,日本画,彫刻,デザイン)
  • BRUSH ART SHOW '09(書)
  • 第26回 ザ・スペースショウ(その他)
  • 第43回 洋々会展(洋画)
  • 第8回 エンジョイフォトサークル写真展(写真・映像)
  • 第11回 希望 希望展(書,写真・映像,その他)
  • 美刺会刺しゅう展(工芸)
  12/15〜12/20
  • 愛工デザイン展2010(デザイン)
  • ラ・ジュビア展(洋画)
  • 中部春陽 2009年展(洋画,版画)
  • 名古屋市立工芸高等学校デザイン科卒業制作展(デザイン)
  • ダンス・アンソロジー ニブロール映像インスタレーション「mechanize my responses」(その他)
  • グループにはん 第10回写真展(写真・映像)
  12/22〜12/27
  • 第42回公募清華書道展(書)
  • 第23回今日の書展(書)
  • 中京大学 卒業展(書)
  • 第25回 A展(写真・映像)
  • フォトクラブ 時 写真展(写真・映像)
  • 大橋忠幸油彩画展(洋画)
名古屋市美術館
212-0001
10/24〜12/20
  • 【特別展】絵画と写真の交差 −印象派誕生の軌跡−
  8/22〜12/20
  • 【常設展】名品コレクション展II
    【常設展】郷土の美術
  2/6〜3/28
  • 【特別展】コレクションを極める
  1/9〜3/28
  • 【常設企画展】生誕100年記念 堀尾実展
    【常設展】名品コレクション展III
  • 【常設展】郷土の美術
名古屋市博物館
853-2655
10/10〜11/23
  • 特別展 開山無相大師650年遠諱記念 妙心寺 −禅の心と美−
  1/9〜3/7
  • 特別展 開府400年記念 名古屋400年のあゆみ
古川美術館
763-1991
10/31〜12/20
  • 特別展「祈りのこころ」
  • 分館爲三郎記念館 同時公開「服部早苗 日本の美 キルトの華」
  1/2〜2/14
  • 新春企画展「継承の美」(仮称)
  • 同時公開(季節のしつらえ)
  2/27〜4/18
  • 企画展「弥生のころ」(仮称)
  • 分館爲三郎記念館 同時公開(季節のしつらえ)
徳川美術館
935-6262
10/10〜11/15
  • 秋季特別展 戦国ふぁっしょん−武将の美学−
  11/21〜11/29
  • 特別公開 国宝 源氏物語絵巻 竹河一・東屋一
  11/21〜1/31
  • 企画展示 蓬莱−延命長寿の願いをこめて−
名都美術館
0561-62-8884
CDA会員特典有
10/13〜12/23
  • <特別展>華麗なる能装束 稔[みの]りの季
  1/12〜3/71
  • <所蔵企画展>寿(ことほ)ぐ 新春の賑わい 展
杉本美術館
0569-88-5171
9/17〜12/29
  • 七転八起〜窮するも、また楽し〜
  • 特別企画展 「港を描く」
大一美術館
 413-6777
10/27〜4/18
  • アール・ヌーヴォーのガラスに見る 自然展
  • 現代アート作品展
桑山美術館
 052-763-5188
9/8〜12/6
  • 所蔵茶道具展 「床のよそおい−墨蹟と花入を中心に−」
岡崎市美術博物館
0564-28-5000
9/18〜11/8
  • 菅原健彦展
  11/21〜1/17
  • 三河の臨済禅
豊田市美術館
0565-34-6610
10/10〜12/27
  • 【企画展】近代の東アジアイメージ 日本近代美術はどうアジアを描いてきたか
  • 【常設展】第III期
  1/9〜3/28
  • 【常設特別展】知覚の扉
  • 【常設展】第III期
豊田市民芸館
0565-45-4039
12/8〜2/21
  • 【第21回特別展】巡回展 皿多一郎コレクション 絵皿は語る−陶磁器で楽しむ明治・大正・昭和の世相と風俗−
  2/27〜5/30
  • 【第75回企画展】館蔵 土人形
刈谷市美術館
0566-23-1636
10/31〜2/7
  • 常設展 Face 絵のなかの面々
  2/13〜3/28
  • 拾いの美学 木村昭平展
名古屋ボストン美術館
684-0101
12/12〜4/4
  • 永遠(とわ)に花咲く庭 17−19世紀の西洋植物画
メナード美術館
0568-75-5787
11/13〜1/31
  • 所蔵企画展  夢みる女たち
国際デザインセンター
4Fデザインギャラリー
4Fデザインミュージアム
265-2106
11/25〜12/7
  • クリエイティブ・デザインシティなごや2009 「ユネスコ・クリエイティブ・シティズ・ネットワーク」展
  12/9〜12/14
  • 名古屋造形大学デジタルメディアデザイン展2009
  12/16〜12/21
松坂屋美術館
264−3611
10/31〜12/6
  • 中国・内モンゴル自治区博物館所蔵 チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展
  12/12〜2/14
  • ベルギー王立美術館コレクション ベルギー近代絵画のあゆみ
  2/20〜2/28
  • 第54回 現代書道二十人展
高浜市やきものの里
かわら美術館

0566-52-3366
11/7〜12/20
  • 日本瓦の基礎知識−中世・近世編−
  1/2〜2/7
  • 魯山人の宇宙
美術館等 [ 岐阜県 ]
岐阜県美術館
058-271-1313
11/10〜1/24
  • 【企画展】 話題のアーティストを紹介する クロスアート2 The 7 top runners ARTのメリーゴーランド
  11/4〜12/20
  • 【所蔵品展】 I 特集:描かれた女性・西洋  II 描かれた女性・日本 II I特集:描かれた女性・西洋版画  IV 小山冨士夫と美濃の陶芸家  V 日本画・冬景色〜秋から冬へ〜
  1/30〜
  • 【所蔵品展】 I 洋画−昭和以降の日本の絵画 II ルドンのまなざし III 特集:明治期の日本美術 IV 新春の工芸 V 生誕100年 守洞春
岐阜県現代陶芸美術館
0572-28-3100
10/3〜12/23
  • 【企画展】川喜田半泥子のすべて
  8/1〜3/28
  • 【常設展】加藤孝造展
  • 【常設展】『前衛陶芸家の器−表と裏』(仮)
  11/10〜12/13
  • 【常設展】『思春期のカタチ2009』展
美術館等 [ 三重県 ]
三重県立美術館
0592-27-2100
10/24〜12/6
  • 【企画展】大橋歩展
  12/23〜2/14
  • 子どもアートinみえ
  2/20〜4/11
  • トリック・アートの世界展
美術館等 [ 新潟県 ]
新潟県立近代美術館
0258-28-4111
11/21〜1/24
  • 【企画展】あふれる詩心−版画と陶芸 川上澄生/棟方志功/斉藤三郎
  11/19〜2/7
  • 【常設展】コルヴィッツとバルラッハの版画
  2/16〜3/28
  • 【企画展】マルチ・アーティスト 阿部展也
  2/11〜4/11
  • 【常設展】佐々木象堂と新潟の金工
美術館等 [ 長野県 ]
長野県信濃美術館・
東山魁夷館

026-232-0052
10/31〜12/20
  • [長野信濃美術館] ポップアート1960's→2000's
  12/25〜1/11
  • [長野信濃美術館] 山を描く
  12/25〜1/19
  • [長野信濃美術館] [小展示室]川上冬崖の世界
  11/5〜1/11
  • [東山魁夷館] IV.憧憬と郷愁
  1/16〜3/23
  • [東山魁夷館] V.中国への旅
北澤美術館
0266-58-6000
北澤美術館新館
0266-57-2100
清里北澤美術館
0551-48-5000
9/25〜3/18
  • [北澤美術館 新館] ガレとドームの花ごもり