中部デザイン協会ホームページ
一心

外で人に連絡を取る装置は公衆電話器、特に緊急な時に飛びつくのが公衆電話器(写真1、1975年プッシュ式)。その時小銭がなかったらショック、慌てて近くの店を探して、小銭を作ったことが何度とあった。
この不便さを解消してくれたのがカード式電話器(写真2.3、1982年)である。このカードのお陰で、重い小銭を常に持たなくても良くなった。しかしすべての電話器がカードタイプではないのだ、ピンク電話やICカード専用機なるものもあって、やはり小銭がいるのである。又車を運転中公衆電話を探すのは結構むずかしい、特に高速道路で渋滞に巻き込まれ、重要な会議に遅れそうな時はもうお手上げ。
そこで生まれたのがアナログ自動車電話なるものだ!車のテールにアンテナをピーン立て、社内のコンソールボックスの電話器が納まっているタイプだ、しかし高すぎて1部の限られた人のものだった。
その後1987年にいよいよ携帯電話サービスが始まるのである、900gもあるどでかいこの電話器(写真4)をテーブルにデーンと誇らし気に置いて、喫茶店で話をしているケバイおっちゃんを横目で見ていたのはもう21年も前の昔。
それが今誰もが持てる携帯電話(デジタル モバイル)時代となるとは、私は予想もしなかった。合わせて約21年前に今日のケータイ社会の出現をCDAの何人の方が予想されたであろうか。このケータイの出現で最も大きく変わったことは、個と個のコミニケーションの拡大と即時性、場所を特定しないことあろう。それゆえ「ケイタイ」であることの意味や機能が求められる。
近年私が注目するケイタイ機能は「おさいふケイタイ」(写真5、2004年最初のおさいふ)、カードを1枚1枚探さなくてもケイタイで支払いができるのはとても便利な機能だ。このようにテレフォンカードからケイタイまで約26年気が付けば情報化社会真只中!

ところで皆さん、最近テレフォンカードを使ったことがありますか?

 


(著 中部デザイン協会 理事長 舟橋 辰朗)

中部デザイン協会広報委員は、会員の「デザイナーズアイ」への投稿をお待ちしています!!
メールで広報宛にお送りください。

美術館等 [ 県 内 ]
愛知県美術館
 971-5511
4/4〜6/1
  • 新収蔵記念 杉本健吉展(企画展)
  • 所蔵作品展 特集「愛知の絵画−1950〜60年代」
  美術館ギャラリー
  アートスペース
4/29〜5/6
  • 第67回水彩連盟展(洋画)
  • 第36回創炎展(洋画,彫刻)
  • 第9回名古屋地区正筆会会員展(書)
  • 第49回彩日会展(洋画,日本画,工芸)
  • 第52回書道東門展(書)
  5/8〜5/11
  • 第49回以文会全国公募書展(書)
  • 第53回新世紀名古屋展(洋画)
  • 第48回版画伍人展(版画)
  • 第48回創彫会彫刻展(彫刻)
  • 遊 油彩画展(その他)
  • 三人展(洋画)
  5/13〜5/18
  • 第94回光風会展(洋画,工芸)
  • 第16回ミレー友好協会展(洋画,日本画,工芸,彫刻,書)
  • 第64回会員書典展(書)
  • 木曜フォトクラブ写真展(その他)
  • 第12回胡椒の会作品展(その他)
  5/20〜5/25
  • 第82回国展名古屋展(洋画,版画,工芸,彫刻,その他)
  • 第32回グループ虹 水彩画展(その他)
  • 第52回パステル画展(洋画)
  • 第7回デコパージュ愛 グループ展(その他)
  • 仲山瑛子展(洋画)
  • 清水陽子展(彫刻,その他)
  5/27〜6/1
  • 第85回春陽展(洋画,版画)
  • 美術集団8月展 47回‐春季 47回-春季(洋画,日本画,工芸)
  • 第20回フォトサークル環 写真展(写真・映像)
  • 第13回天臼会日本画展(日本画)
名古屋市美術館
212-0001
4/5〜
  • モディリアーニ展
名古屋市博物館
853-2655
4/26〜6/8
  • 特別展 初公開 松坂屋京都染織参考館の名品 小袖 江戸のオートクチュール
古川美術館
763-1991
4/17〜6/8
  • 企画展「京都の画家たち〜栖鳳一門を中心に〜」
  • ※分館爲三郎記念館は季節のしつらえを行い、同時公開
名古屋市市政資料館
953-0051
5/24〜5/25
  • [彩vol.4]〜彩り豊かな和の世界展
徳川美術館
935-6262
4/12〜5/18
  • 春季特別展 桃山・江戸絵画の美
名都美術館
0561-62-8884
3/10〜5/6
  • <特別展> 悠久のロマン 小山 硬 展 KATASHI OYAMA EXHIBITION
  5/20〜6/15
  • <常設展> 麗かな陽光萌ゆる 初夏の常設展
  • <併設企画展> 葛[かつら] 皓[ひろし] の世界
杉本美術館
0569-88-5171
4/24〜9/16
  • ヨーロッパ写生
大一美術館
 413-6777
4/22〜11/3
  • エミール・ガレの陶芸&ドーム兄弟のガラス展
豊田市民芸館
0565-45-4039
3/1〜5/25
  • 第71回企画展 現代の民芸 - 日本民藝館展作品展 -
  4/19〜5/18
  • 館蔵 楽しい外国の布展
刈谷市美術館
 0566-23-1636
4/26〜6/1
  • 内藤ルネ展“ロマンティック”よ、永遠に
名古屋ボストン美術館
 684-0101
4/26〜9/28
  • クロード・モネの世界展
  4/26〜9/28
  • 駒井哲郎 銅版画展 イメージと言葉の共振
メナード美術館
0568-75-5787
3/5〜5/6
  • 開館20周年記念III アーティスト20 - メナード美術館の日本洋画
    (改修工事等による臨時休館 5月7日〜2009年3月頃まで)
トヨタ博物館
0561-63-5151
4/8〜9/28
  • 世界の名車展
  4/25〜6/1
  • 手描きのパソコン・アート展
美術館等 [ 県 外 ]
岐阜県美術館
058-271-1313
3/11〜5/11
  • 特別展示 田口コレクション展T 現代の美術
  5/31〜6/8
6/12〜6/15
6/19〜6/22
  • 第62回岐阜県美術展
    一般部: 5月31日(土曜)から6月8日(日曜)まで
    青年部: 6月12日(木曜)から6月15日(日曜)まで
    少年部: 6月19日(木曜)から6月22日(日曜)まで
岐阜県現代陶芸美術館
0572-28-3100
4/19〜6/1
  • カルロ・ザウリ展 -イタリア現代陶芸の巨匠-
三重県立美術館
0592-27-2100
4/26〜6/8
  • 【金刀比羅宮 書院の美 応挙・若冲・岸岱から田窪まで】
ギャラリー等
国際デザインセンター
4Fデザインギャラリー
4Fデザインミュージアム
265-2106
4/18〜5/11
  • 第6回暮らしの中の木の椅子展
 

5/21〜5/26

  • POST切手 〜郵便が変わり始めた。切手のデザインはどう変わる
 

5/28〜6/2

  • 創作ピンホールカメラとその写真展・5
パルコギャラリー
201-1716
4/25〜5/11
  • ガンプラEXPO in 名古屋
松坂屋美術館
264−3611
5/1〜5/20
  • ジブリの絵職人 男鹿和雄展
  5/24〜6/1
  • 第43回 日春展